公衆衛生の論点 その記録

  • 多田羅浩三
  • 装幀:鈴木美里(キトミズデザイン)
  • 定価:本体4200円+税
  • 四六判上製/543ページ
  • 2019年4月30日 第一刷発行
  • 978-4-86528-232-0

今、公衆衛生は新しい「黎明期」を迎えている。
チャドウィックから始まる公衆衛生の制度の中で、「個人」の立場はどのような形で論じられたか。「個人」の挑戦はどのようなものであったか。公衆衛生研究の第一人者が挿話や引用を交えつつ、自身の歩みとともに公衆衛生が抱えてきた論点を探る。疾病克服を担う公衆衛生の実現を目指し「集団医学の推進」を提言する著者による一冊。


❖目次
はじめに 
青年のロマンス
 原点に還る
 旅に思う 
 大阪大学アジア医学踏査隊活動日誌
 全国行脚放浪記
青年の反抗
 インターン闘争小史 
 若年医師労働力の変動 
 医薬分業論争の史的考察 
 英国NHS機構改革に関する史的一考察 
先人の論点
 適塾と公衆衛生 
 巨大な医療の地平を開いた医師―徳田虎雄― 
 星を見て地図をつくった科学者―伊能忠敬― 
 現代の長与専斎―松浦十四郎先生を偲ぶ 
 大阪の公衆衛生:集団医学の道
健康づくりの歩み
 健康日本21の意義
 福島で何が起こったか―公衆衛生の視点からの報告―
 特定健診・保健指導の意義と展望
 ポールを持ったウォーキングのすすめ
 公衆衛生黎明期からこれまでの歩み
 国際共生に向けた健康への挑戦
あとがき 


多田羅浩三(たたら・こうぞう)
公衆衛生学、大阪大学名誉教授。主な編著書に『公衆衛生の思想ー歴史からの教訓ー』(医学書院)、『健康日本21推進ガイドライン』(編著、ぎょうせい)、『公衆衛生ーその歴史と現状ー』(共著瀧澤利行、放送大学教育振興会)、『健康科学の史的展開』(共著高鳥毛敏雄、放送大学教育振興会)、『現代公衆衛生の思想的基盤』(日本公衆衛生協会)『医学の歴史 歩みを担った人たち、そして体制』(左右社)などがある。