ヒツクリコガツクリコ ことばの生まれる場所

  • 監修:アーツ前橋、萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち 前橋文学館
  • アートディレクション:大原大次郎
  • 定価:本体2200円+税
  • A5判変型
2017年10月20日-2018年1月16日開催のアーツ前橋、前橋文学館共同企画展「ヒツクリコヒツクリコ」のコンセプトブック。アートディレクションは大原大次郎が担当。
萩原朔太郎から北園克衛、オノ・ヨーコや鈴木ヒラクまで。
アートと文学にまたがる作家たちの表現を「ことば」という切り口から紹介する。
参加作家の紹介や図版の他、石川九楊×鈴木ヒラク、温又柔×王舟の対談他、建畠晢、谷川渥、平川克美など現在の言葉に関する論考も読めるボリュームのある1冊。
(バイリンガル)

RED ヒトラーのデザイン

  • 著・ブックデザイン:松田行正
  • デザイン協力:倉橋弘
  • 定価:本体2700円+税
  • 46版変製/368ページ
  • 978-4-86528-176-7 C0070

ヒトラーは、もっともデザインを知る独裁者だった-ー。
多くの人々を煽動したナチス・デザインに、グラフィック・デザイナーの松田行正が迫る。120本以上の映画と、膨大な図版を導き手に解剖する、ヒトラーのデザインの特質とは。自在な筆致で、負の歴史、そして現代を照射する、渾身の一冊。

WOLS ― From the Street to the Cosmos ヴォルス ― 路上から宇宙へ

  • 編著:DIC川村記念美術館
    監修:千葉成夫
    編集:光田由里、佐藤芙有
  • デザイン:サイトヲヒデユキ
  • 定価:本体2300円+税
  • B5判並製/183ページ
  • ISBN978-4-86528-172-9 C0071

ドイツの画家WOLS(本名:アルフレート=オットー=ヴォルフガング・シュルツ、1913-51)の作品と軌跡。第一次大戦後、放浪生活をしながら音楽、写真、水彩、油彩、銅版画、彫刻など多岐にわたり才能を発揮した。プレヴェール、モホイ=ナジ、エルンスト、サルトルなど様々な芸術家や文化人と出会い、死後、芸術運動「アンフォルメル」の重要作家とされながら、38年という短い人生を送った。現在まで国内では大きく取り上げられてこなかった実験性溢れる写真作品46点と微視的で宇宙的な世界観のある水彩、油彩、銅版画などを合わせた計120点が収録。貴重な回顧展となった2017年のDIC川村記念美術館企画展「WOLS ― From the Street to the Cosmos ヴォルス ― 路上から宇宙へ」の公式図録。

LOOP 映像メディア学Vol.7

  • 東京藝術大学大学院映像研究科=発行、左右社=発売
  • 装幀:五十嵐哲夫
  • 定価:本体1800円+税
  • 四六判並製/392ページ+綴じ込み年表
  • ISBN978-4-86528-162-0 C0070

メディアアートの最先端を東京藝術大学から発信する「LOOP」最新号は、日本のアニメーションの黎明期から現在まで主要な作品や上映会、教育機関までを一望できる、山村浩二編「現代日本インディペンデントアニメーション年表」付! 2014年以来活動をつづけるリサーチ型アートプロジェクトのための人材育成プログラム「gendaiRAM」による国際シンポジウム「アジア零時」ほか主要な成果を収めた小特集、ならびに「コンテンポラリー・アニメーション入門」小特集では、現代日本のアニメーション事情をめぐる湯浅政明・和田淳・しりあがり寿との座談会に加え、ユーリー・ノルシュテイン監督インタビューも収録。アートの現在をめぐる本格論考、桂英史「序説 芸術の社会的な実践を考えるために」掲載。

絵はがきの別府 古城俊秀コレクションより

  • 著者:松田法子 監修:古城俊秀
  • 装幀:安藤一生
  • 定価:本体3500円+税
  • A5判/316ページ
  • ISBN978-4-903500-75-1 C0021

国民的人気番組「ブラタモリ」で2週にわたる別府特集! 著者・松田法子氏が別府近代史の案内人として出演します。
数万枚におよぶ驚きの写真絵はがきコレクション。その中核をなす近代別府を写した600枚から、木造旅館が建ち並び開発されゆく別府、その賑わいと行き交う人びとのくつろぎの笑顔がみえて来る。
いつまでも見飽きない近代日本史・別府篇、3刷出来!

ミュージックスとの付き合い方 民族音楽学の拡がり

  • 著者:徳丸吉彦
  • 装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体2100円+税
  • B6判並製/328ページ
  • ISBN978-4-86528-143-9 C0373

人間はなぜ音楽をつくり演奏しているのか。音楽という営みの全体像に迫る、第一人者による民族音楽学入門。西洋中心主義的な音楽観が180度覆される1冊。索引・文献一覧を完備。【第14回木村重信民族藝術学会賞】

LOOP 映像メディア学Vol.6

  • 東京藝術大学大学院映像研究科=発行、左右社=発売
  • 装幀:五十嵐哲夫
  • 定価:本体1200円+税
  • 四六判並製/344ページ
  • ISBN978-4-86528-144-6 C0070

映像メディア学を追求する東京芸術大学大学院映像研究科では、さまざまなメディアを駆使した制作と教育を行うとともに、映像文化に関わるメディアのあるべき方向性について多様な観点から研究しています。
「LOOP 映像メディア学Vol.6」では、このたびフランスで全活動を収めたアーカイブが刊行されたメディア・アーティスト藤幡正樹のロングインタビュー第2弾を収録、1980年代から90年代末までの経験を語ります。
そのほかに、現在のメディア環境の中で私たちはいかなる主体たり得るのか、〈端末市民〉というキーワードの有効性を再び問う桂英史の論考「到来の思考 端末市民を問い続けること」、さらにはその状況認識を敷衍し芸術のおかれた状況を問う、黒瀬陽平・松井茂・桂英史鼎談ほかの記事を掲載しています。

にゃんハウス。

  • 著者:伴田良輔
  • 装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体1,500円+税
  • B6判変型/並製/96ページ/オールカラー
  • 978-4-86528-139-2

猫たちからの反響、続々!!

屋上の見晴らしがイイから、降りたくないなー(チビ太)
この家にいると、なんだか懐かしいかんじがするんだ。(ミハイル)
かくれんぼをするのにちょうどいいね。(テクとニカ)

「にゃんハウス」建築家の傑作と20匹のキュートな猫たちの、ほっこりしすぎる写真集。巻末には、誰でも簡単に「にゃんハウス」を作れる解説も付き、プレゼント本に最適な一冊。

ふーちゃん!

  • 著者:牧野直樹
  • ブックデザイン:吉岡秀典(セプテンバーカウボーイ)
    イラスト:ニシワキタダシ
  • 定価:本体1850円+税
  • 文庫判・並製/400ページ
  • 978-4-86528-140-8 C0072

【限定3000部】「ただのモフモフ毛玉ちゃうで、おれ、猫やからな。キリッ」国民的しょんぼり顔猫のふーちゃん、ついにファン待望のベスト写真集! 昨年、テレビや雑誌でも話題になったふーちゃんの、変わりゆく季節と変わらない日常をフルカラー400頁で大フンパツ収録! どっこい生きてる、家の中。

[輸入販売]藤幡正樹全作品集MASAKI FUJIHATA Anarchive6

  • 著者:藤幡正樹
  • 発行:éditions Anarchive、デザイン:五十嵐哲夫
  • 定価:本体7800円+税
  • バインダー形式/函入り/総ページ数400ページ以上
作品をつくるということは、丸ごとメディアをつくるということだ。
世界的メディアアーティスト・藤幡正樹さんの全作品集を国内独占輸入販売いたします。