LOOP 映像メディア学Vol.8

  • 東京藝術大学大学院映像研究科=発行、左右社=発売
  • 装幀:五十嵐哲夫
  • 定価:本体1000円+税
  • 四六判並製/144ページ
  • 2018年6月 発行
  • 978-4-86528-207-8

メディアアートの最先端を東京藝術大学から発信する「LOOP」最新号。ポスト・メディア時代ともいうべき現在のアーカイヴをめぐる論考、桂英史「ポスト・アーカイヴ型アーキテクチャをめぐって」、近年ブームとも呼べる状況にあるアーニメーション・ドキュメンタリーについて、国際的に活躍するマチュー・ラベェユ監督を招いたインタビュー、アラン・ベルガラを迎えた特別講義の模様などを収めます。


[目次]
論考|ポスト・アーカイヴ型アーキテクチャをめぐって 桂英史
コンテンポラリー・アニメーション入門|アニメーション・ドキュメンタリー1 マチュー・ラベェユ インタビュー 山村浩二
特別講義|アラン・ベルガラ ゴダールに関する特別講義 筒井武文+市山尚三
サーベイ論文|写真的対象 ワリード・ベシュティにおける「装置」について 永田康祐
研究ノート|「視点の移動」をテーマとした全方位映像表現の研究 木村稔+桐山孝司

編集・発行=東京藝術大学大学院映像研究科
〒231‒0005神奈川県横浜市中区本町4‒44
TEL=045‒650‒6200/FAX=045‒650‒6202
http://www.fnm.geidai.ac.jp