ジァンジァン終焉

  • 著者:高嶋進
  • 装幀:永利彩乃、イラスト:東辻賢治郎
  • 定価:本体1700円+税
  • 四六判並製/188ページ
  • 2013年12月30日 第一刷発行
  • ISBN978-4-903500-66-9 C0093

ねぶた祭に竹山を想い、恐山に寺山の姿をみる。
伝説の小劇場ジァンジァンの劇場主・高嶋進が描く、人生とは、死とは。魂の列島巡礼記。ジァンジァン3部作完結篇

サブカルの聖地・渋谷ジァンジァン。その劇場主だった高嶋進は、その舞台裏とさまざまな出会いを『ジァンジァン狂宴』『ジァンジァン怪傑』(ともに左右社、2013)ではじめて語った。語られる幾多の出会いの中でも、とりわけ強烈な〈魂〉の存在を著者に焼き付けていったのは、高橋竹山であり、寺山修司であった……。
彼岸に渡りし友を追悼し、終焉の地を探して青森のねぶた祭、長崎の精霊流しを見、霊場恐山の地獄をめぐる。己の内面に錘を下ろし、幽明の境で思索する魂の巡礼記。ジァンジァン3部作完結篇。



もくじ
八十歳の朝だ
竹山ねぶた
恐山
眠れない島

月に憑かれて
甲斐駒ケ岳
高月山
岩木山
甲斐駒に死す
遠い日々

あとがき
高嶋進(たかしま・すすむ)
1932年、新潟県生まれ。青山学院大学文学部卒業。
1969年渋谷ジァンジァン、77年名古屋ジァンジァン、80年沖縄ジァンジァン、83年座間味ジァンジァンを開設。
2013年、小劇場ジァンジァンの舞台裏を自伝的小説『ジァンジァン狂宴』『ジァンジァン怪傑』に描く。
記事・書評
ぜぴゅろす 2014年春 第10号「風の手帖」