動く山 アジアの山車(この世とあの世をむすぶもの……)

  • 齊木崇人・杉浦康平ほか
  • 杉浦康平
  • 定価:本体2400円+税
  • A5判/並製/348ページ
  • 2012年3月10日 第一刷発行
  • ISBN978-4-903500-65-2 C0039

アジアの山車に驚く!

アジア各地に林立する多彩な山車。
その頂きを天にとどろかせ、
神々を招き、祭礼の場に賑わいをあたえる。
一瞬の出現、一瞬の消滅……
その不思議に、天と地、彼岸と此岸、過去ー現在ー未来が結ばれる!

「アジアの山車」を読み解く初めての本。
〈神戸芸術工科大学アジアンデザイン研究所シンポジウムシリーズ〉



〈目次〉
開会のことば 齊木崇人+杉浦康平
1/中国の抬閣、鼓亭・龍が運ぶ山車… 黄國賓
2/バリ島の神輿。聖なる山と聖なる水の象徴性… ナンシー・タケヤマ
3/イラン殉教者を称える生命樹の山車 モジュガン・ジャハンアラ
質疑応答(第1部)司会…山之内誠
4/山は動く。聖なるもののダイナミズム 杉浦康平
5/インド寺院の山車。巡礼儀礼が示す宇宙性 キルティ・トリヴェディ
6/タイ王室の葬儀車。霊魂を天界に運ぶ ソーン・シマトラン
質疑応答(第2部)司会…今村文彦
〈カラー図版〉
中国、バリ、イラン、日本、インド、タイの「アジアの山車や神輿」が多数掲載。

 
齊木崇人(監修)
1948年、広島県生まれ。専門は環境デザイン、都市・田園計画、建築デザイン。神戸芸術大学学長・教授。
杉浦康平(企画・構成)
1932年、東京生まれ。グラフィックデザイナー。アジアの図像研究、知覚論、音楽論などを展開。神戸芸術工科大学名誉教授。