ジァンジァン狂宴

  • 著者:高嶋進
  • 装幀:永利彩乃
  • 定価:本体1700円+税
  • 四六判並製/208ページ
  • 2013年4月30日 第一刷発行
  • ISBN978-4-903500-83-6 C0093

1969年、渋谷の区役所通り(公園通り)に小さな劇場が生まれた。
渋谷ジァンジァンと名付けられ、のちにサブカルの聖地と呼ばれるようになる。
200人も入ると一杯となる小さな空間ながら、多くの若いアーティストが巣立ち、後々語り継がれる舞台が作られた。
ユーミンが「ひこうき雲」を歌い、清志郎が「僕の好きな先生」を歌った。
名古屋、沖縄にもジァンジァンが誕生し、メインカルチャーに飽き足らない人たちが集う場所となる。2000年に閉鎖。
本書は、伝説となった劇場主による、破天荒な舞台裏を描いた自伝的小説である。

忌野清志郎も、中島みゆきも、矢沢永吉も、ユーミンも、みんな無名だった、あの場所へ!

「壊れたバランスを軌道修正する場所がジァンジァンだった」
ーー美輪明宏



おもな登場人物
中島みゆき、吉田拓郎、井上陽水、五輪真弓、荒井由美
忌野清志郎、泉谷しげる、チューリップ、六文銭、吉田美奈子
矢沢永吉、宇崎竜童、長谷川きよし、嘉手苅林昌
宮城まり子、宝田明、中村伸郎、雪村いづみ、上月晃
高橋竹山、川本喜八郎、前野博
アキコ・カンダ、小松原庸子、長嶺ヤス子、ヨネヤマ・ママコ、淡谷のり子
美輪明宏、寺山修司、浅川マキ、永六輔、マルセ太郎、イッセー尾形
坂本龍一、矢野顕子、朝比奈隆ほか
高嶋進(たかしま・すすむ)
1932年、新潟県生まれ。青山学院大学文学部卒業。
1969年渋谷ジァンジァン、77年名古屋ジァンジァン、80年沖縄ジァンジァン、83年座間味ジァンジァンを開設。
書評・記事
渋谷読書人No.4 2018年2月
ぜぴゅろす 2014年春 第10号「風の手帖」
朝日新聞 2014年5月3日「再読 こんな時 こんな本」
FRIDAY 2013年8月2日号 ブックナビ ドリアン助川
望星 2013年7月号 文体の奥から迫る問い 下山静香
日本経済新聞 2013年6月16日
琉球新報 2013年6月9日 創造空間の重要性説く 野田隆司
沖縄タイムス 2013年6月8日 小劇場運営の最終公演 新城和博
週刊現代 2013年6月1日号 轡田隆史「人生のことば 第百十一回」
日本経済新聞 2013年5月1日夕刊 目利きが選ぶ今週の3冊 陣野俊史
サンデー毎日5月26日号 読書の部屋 陣野俊史
琉球新報 2013年4月29日 小劇場の軌跡 本浜秀彦
毎日新聞 2013年4月25日 村井幸子の変じゃありません?