ジァンジァン怪傑

  • 著者:高嶋進
  • 装幀:永利彩乃、イラスト:東辻賢治郎
  • 定価:本体1700円+税
  • 四六判並製/188ページ
  • 2013年8月30日 第一刷発行
  • ISBN978-4-903500-95-9 C0093

お金のことは後回し、
利害を捨て、
条理に従い、
義の世界に生きる。
小さな町に隠れた知られざる巨人たち。

青森から沖縄まで、公演地で反骨の魂と出会い、ジァンジァン劇場主は漂泊者となる。
自伝的小説『ジァンジァン狂宴』第2弾!

サブカルの聖地・渋谷ジァンジァン。その舞台裏を『ジァンジァン狂宴』(左右社、2013)ではじめてあかした高嶋進が描く人物伝。70年代、政治・音楽・演劇に熱く生きた人物たちが、全国にいた。舞台裏から描く貴重な時代の証言。



もくじ
まえがき
一、微笑の愛国者 洛東江の崔華國
二、海と光の精霊 南大東島の粟國安彦
三、情義の風狂 沖縄の新垣盛市
四、反骨のボス 長崎の宮本圭子
五、河童の頭目 日田の江田憲介
六、神出鬼没の怪僧 若松の四鏡俊幸
七、白昼堂々の正義者 金沢の村井幸子
八、怒髪の爆裂男 津軽の沢田亀吉
あとがき
高嶋進(たかしま・すすむ)
1932年、新潟県生まれ。青山学院大学文学部卒業。
1969年渋谷ジァンジァン、77年名古屋ジァンジァン、80年沖縄ジァンジァン、83年座間味ジァンジァンを開設。
2013年、小劇場ジァンジァンの舞台裏を自伝的小説『ジァンジァン狂宴』に描く。
記事・書評
ぜぴゅろす 2014年春 第10号「風の手帖」