科学の考え方 論理・作法・技術

科学の考え方
  • 著者:濱田嘉昭
  • 装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体1800円+税
  • B6判並製/256ページ
  • ISBN978-4-86528-128-6 C0340

繰り返しを見つける、意味のある桁数で計算する、帰納法と演繹法を組み合わせる、誤差の種類を見分ける――。あらゆるジャンルの専門課程に進む前に身につけるべき科学的な発想法、作法、データ分析の技法をわかりやすく解説。科学とは何か、一歩前に進みたい人のための科学概説講義!

複雑な現象を理解するために次元を増やしてみる、言い換えれば、ものを見る視点を増やすことは、自然科学の重要な戦略である。科学者は自分の考えに凝り固まっている人種ではなく、むしろ、自分の考え方は、もしかしたら非常に狭いのではないか、もっと広い豊かな世界があるのではないかと常に考えているのである。(第3章 自然を見る目を研ぎ澄ます)


[目次]
はじめに
第一章 自然に学ぶ 科学の作法
第二章 自然の秘密を発見する 科学の方法
第三章 自然を見る目を研ぎ澄ます 領域の拡大
第四章 自然は生きている 相互作用
第五章 自然は結ばれている 原因と結果
第六章 自然の美しさを表現する 数理的な扱い
おわりに

濱田嘉昭(はまだ・よしあき)
物理化学・分子分光学。薬学博士、放送大学名誉教授。主な著書に『実験科学とその方法』『基礎化学』『物質循環と人間活動』『量子化学』(以上共編著、放送大学教育振興会)などがある。