〈中国思想〉再発見

  • 著者:溝口雄三
  • 装幀:松田行正
  • 定価:本体1619円+税
  • B6判並製/226ページ
  • ISBN978-4-903500-29-4 C0352

好評につき重版出来! 「儒教侮るべからず。独自の近代化のエンジンを探った泰斗の遺言。」—與那覇潤(帯コメント)
中国の近代は、ヨーロッパから輸入しなくても、中国の思想そのものに用意されていた!そのコアを宋以降の中国思想に求め、それぞれの思想をわかりやすく紹介。【2刷】



ヨーロッパ的な意味での個人の自由がないことを、中国のマイナス荷とみなすことは正しくない。
むしろ「公」「大同」や「縁」のつながりの中での利他の道徳性に、中国的な個の基盤がある。
そこに改めて注意を向ける必要がある。
ヨーロッパにあるものが中国にない代わりに、
ヨーロッパにないものが中国にあるのである。(本文より)

 



[目次]
まえがき
第一章  中国の「天」
第二章  中国の「理」
第三章  中国の自然
第四章  中国の「公」
第五章  宋学の興り
第六章  宋学の展開
第七章  陽明学の興り
第八章  陽明学の展開
第九章  十六・七世紀の転換
第十章  清代から近代へ
参考文献

 
みぞぐち・ゆうぞう=中国思想史研究者。東京大学名誉教授。著書に『中国前近代思想の屈折と展開』『中国の公と私』『中国の衝撃』など。
書評・記事
読売新聞 2010年9月5日 読書面 本郷和人
月刊中国図書 2010年7月号