こんこん狐に誘われて 田村隆一さんのこと

  • 著者 橋口幸子
  • 装幀:鈴木成一デザイン室
    写真:松原蒼士
    装画:早川志織
  • 定価:本体1,700円+税
  • 四六判変型上製/144ページ
  • 2020年10月31日 第一刷発行
  • 978-4-86528-003-6 C0093

秋も深まった肌寒い日。田村さんは突然帰ってきた。
その日から戦後最大の詩人が私の大家さんになった――。


パジャマで歩きまわり、こんこん狐に誘われて酒を飲む。
戦後最大の詩人、天才と呼ばれた田村隆一の飾り気のない「もうひとつの素顔」をリリカルな筆致で描き出す。
1980年田村さんと和子さんと過ごした稲村ヶ崎の日々を、当時の写真とともに編み込んだ密やかな傑作エッセイ。



あるときは少年、あるときは詩の神さま。
そしていつもはとてもいい大家さんだった。



田村さんは一日中パジャマを着て暮らした。春夏秋はもちろんのこと、どんなに寒
い真冬の日でも素足だった。スーツを着るとき以外、靴下を履いているのを見たこと
はない。冷たい木の階段を降りてお手洗いに行くときでもいつも。



「ゆきちゃん、稲村の谷のずーっとむこうの山のさきに、狐が見えるんだよ。
振り返ってこっちを見ておいでおいでをしているんだよなあ。狐がね、酒飲みにおいでおいでってさ」



撮影の最後の頃、高梨さんと話す機会に恵まれた。ひとこと助言された。
「天才と一緒に住んでいると人間駄目になるよ。気をつけてね」と。
確かに、と私は思った。真理だとも思った。
日々面白いことや、珍しい事ばかりが起こって、若かったわたしたちは目をくるく るしていたに違いない。
毎日が非日常で面白かった。気がつくと何もしないで一日一日がすぎさっていた。 それでも当時は何の不安も感じずに生きていた。









橋口幸子(はしぐち・ゆきこ)
鹿児島生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。退社後はフリーの校正者として六十歳まで働く。著書に『珈琲とエクレアと詩人ースケッチ 北村太郎ー』(港の人・2011)。『いちべついらい 田村和子さんのこと』(夏葉社・2015)。