選挙活動、ビラ配りからやってみた。「香川1区」密着日記


  • 著者:和田靜香
    取材協力:小川淳也
  • イラスト:杉本聖士(表紙・帯)
    装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体1600円+税
  • 四六判並製/208ページ
  • 2021年12月27日 第一刷発行
  • 978-4-86528-061-6 C0031
投票日直前、相撲ライターが候補者に物申す!? 建前なしの政治問答、まさかの第2弾!
『時給はいつも最低賃金、これって私のせいですか? 国会議員に聞いてみた。』で小川淳也と1年間対話(ときどきバトル)を繰り広げた和田靜香が、今度は選挙に密着!2021年衆院選。映画で注目の選挙区「香川1区」で、“選挙のリアル”を追った14日間のこと。




「何が分からないのかも分からないんです」と永田町に乗り込んでから1年。
相撲・音楽ライターの和田靜香がパワーアップして戻ってきた!
街宣、ビラ配り、電話かけを実際に体験して感じた、日本の選挙へのギモン。
「物言う市民」の立場から、パワフルな問いが炸裂!


街宣から帰ってきた小川淳也に「何してるん?」と聞かれ、渋々「電話かけ」のボランティア。「案内はメールでいいじゃん?」「選挙ビラになんでわざわざ1枚1枚シールを貼るの?」。謎の公職選挙法にボヤきながら休むことなく動き続けて、究極の「選挙ハイ」発動。そして気づく。「選挙にはなんで休みがないのか」。選挙事務所では女性ボランティアのなかに溶け込んで「選挙で使われる言葉ってたいがいマッチョ!」とワイワイおしゃべり。そして投票日直前、ジェンダーにまつわる「匿名のタスキ」問題をめぐって、小川淳也とまさかの衝突……!?

その他、俳優・小泉今日子×小川淳也×和田靜香の鼎談や、『本当に君は総理大臣になれないのか』の著者・中原一歩×和田靜香の対談、小川淳也の選挙演説も豪華収録!
『時給はいつも最低賃金、これって私のせいですか? 国会議員に聞いてみた。』という本を2021年8月末日に出したところ、思わぬほどの反響をいただき、あれよあれよという間に版を重ねた。日々目まぐるしく取材を引き受けている中で衆議院議員選挙が近づいてきて、
「2~3日、香川に小川(淳也)さんの選挙を見に行こうかぁ」
そう気楽に話しているうち、「10月31日が投開票日」と決まった途端、なぜか
「全日程行って、日記を書く」
と、仁王立ちして言っていた。やだ。マジか?
これまでも、選挙への関心はあった。「選挙に行こう」と呼びかける、「選挙ステッカー」という運動さえやったことがある(今はほぼほぼ友達に任せっきりだ)。でも、選挙そのものを、どんな風にどんな人が動かして進んでいるのか知らなかったので、それを見たら何か分かるのかもしれないと思った。本を一緒に作った「小川さんの選挙」がどんな風なのか、興味津々だったし。
「思って」、さらに「津々」、ではあったけれど、その実、そうそう大して何か特別なことは期待せず、これといった問題意識も持たず、ただ「noteで日記を書こう」とだけ決め、どういう風に日記をアップしていくか編集部とろくに話し合いもせず、取材に追われる日々のままドタバタと飛行機に乗って高松へ行ってしまった。さすが私っ!
それからしかし、さすがにあれこれ考えることになるわけだが、旅が始まったばかりのころ、映画『なぜ君は総理大臣になれないのか』の大島新監督と話をしていて、
「『時給はいつも最低賃金~』では民主主義を考えたから、今度は民主主義を実践しに来ました」
と言っていた。どっからそんな言葉が出てきたのやら。摩訶不思議。
そんなわけで、10月18日に高松に入り、11月2日に東京に戻るまでの日記+あれこれ。民主主義を一緒に考えて本を作った衆議院議員・小川淳也さんの香川1区での選挙にくっついたり離れたりしながら、民主主義をやったり、見たりした記録です。

「はじめに 民主主義をやりに来た ※ただしノープランで」より
<目次>

はじめに 民主主義をやりに来た ※ただしノープランで 

10月18日(月) 明日からいよいよ本場所(衆院選)!

対談 争点は自分中心で考えていい 中原一歩×和田靜香

10月19日(火) 相撲ライターなのに出陣式でスピーチ⁉
10月20日(水) 「選挙の主役は有権者だ」ってもっと伝えてほしい
10月21日(木) アナログな「ドブ板選挙」ってそんなに大事?
10月22日(金) 密着5日目にして「選挙ハイ」
10月24日(日) 選挙ってなんで休みがないの?
10月25日(月) 小川さんは「国会の希少動物」
10月26日(火) 高松で東京10区の不在者投票
10月27日(水) 選挙が終わるのが〝寂しい〞
10月28日(木) キョンキョンとインスタライヴ⁉

鼎談 「政治の話なんてしちゃダメ」をひっくり返そう 小泉今日子×和田靜香×小川淳也

10月29日(金) 自分をあきらめたくないから香川に来た

青空対話集会 「これって私のせいですか?」その不安を何とかしたい 小川淳也

10月30日(土) 手ぶらでも大丈夫、投票に行こう
10月31日(日) うぉおおお勝ったぁぁぁ! よもやの「ゼロ打ち」
11月1日(月) 「時給はいつも最低賃金」じゃなくなったけれど
11月2日(火) 選挙、うどん、また選挙⁉

まとめ 相撲ライター、投票日直前に候補者に物申す! 

おわりに どうせなら選挙は祭りがいい 

追記 「立憲民主党代表選挙」――閉ざされていた扉が開いた 
著者:和田靜香(わだ・しずか)
相撲・音楽ライター。1965年、千葉県生まれ。最新作は『時給はいつも最低賃金、これって私のせいですか? 国会議員に聞いてみた。』(左右社)。『コロナ禍の東京を駆ける――緊急事態宣言下の困窮者支援日記』(共著、岩波書店)で貧困ジャーナリズム賞を受賞。女性の政治参画について調べていきたい。

取材協力:小川淳也(おがわ・じゅんや)
現・立憲民主党の衆議院議員(6期/2021年12月現在)。1971年、香川県生まれ。東京大学法学部卒。1994年自治省に入省し、2003年に民主党より衆議院議員選挙に初挑戦するも惜敗。2005年に初当選。2021年11月、立憲民主党の代表選を経て政務調査会長に就任。対話する政治を全国津々浦々に広げていきたい。