ああ、ウイグルの大地

ウイグル_帯あり
  • 著者:アフメットジャン・オスマン
    訳者:ムカイダイス+河合眞
  • 装幀:松田行正
  • 定価:本体1500円+税
  • A5判上製/128ページ
  • 978-4-86528-111-8 C0098

ウイグル現代詩のもっとも著名な詩人による詩集、日本語初翻訳。「帰らざるウイグルの愛と自然」を情景豊かに歌いあげる。ウイグルの風は、日本の空にもそよいでいるのである―
「今までに見たことがない詩、読んだことがない詩、韻律から開放された詩、真新しい内容の詩、選びぬかれたウイグル語の美しさと可能性を秘めた詩……。私は大きな喜びに満ち、アトゥシの街なみとチャイハーネ、すべての人々が眩しいほど美しく見えた。」(訳者まえがきより)


アフメットジャン・オスマン
1964年中国新疆ウイグル自治区ウルムチ生まれ。78年「祖母ちゃんが教えてくれた物語」で詩人デビュー。79年「彼を高校に行かせて」で第一回児童文学最優秀賞を受賞。新疆大学文学部入学後、シリアのダマスカス大学に留学、アラビア文学研究で修士号取得。92年ウイグルで行われた「読者選ぶもっとも好きな三人の詩人」の1人に選ばれた。現在カナダ在住。『ああ、ウイグルの大地』がウイグル語詩集の初邦訳詩集となる。
記事・書評
図書新聞 2015年7月25日号 管啓次郎「大地の果ても大地」
朝日新聞 2015年5月9日読書面 「本の舞台裏」