主夫になろうよ!

  • 著者:佐川光晴
  • イラスト・装幀:佐々木一澄
  • 定価:本体1700円+税
  • 46判並製/206ページ
  • 2015年2月28日 第一刷発行
  • 978-4-86528-118-7 C0095

【左右社設立10周年第一弾】「主夫だって輝けるんです!」子育ても、家事も、仕事も、楽しみながら生きる秘訣を主夫歴20年の佐川さんが伝授。主夫の24時間を追ったドキュメント、50のQ&A、主夫目線の暮らしのエッセイなど圧倒的に楽しめる1冊。人に見せるためじゃなく、自分のために生きようとするすべての人の背中をおしてくれます。

もくじ
はじめに 「男が家事をするということ」
主夫の24時間
ぼくが主夫になるまで
主夫のお悩み相談室
主夫のつぶやき
主夫と対談
料理をする時に心がけていることおよび献立日記ーあとがきにかえて

逆風に立ち向かったプロレスラー棚橋弘至選手(新日本プロレス)推薦!!
「偏見をブチ破るために必要なことが詰まっていました。主夫って強いよね!」

         佐川さんと棚橋さん、夢のタッグが実現!
佐川さん×棚橋さん記念写真1
棚橋さん:この本は、主夫になることをためらう人たちにとって免罪符になると思います。
佐川さん:なるほど免罪符ですか(笑)。そう言っていただけるとありがたいですね。

(都内某所にて)

<<書店員からの推薦コメント>>
佐川さんのようになりたい。
主夫になりたい、ということではなく、
家族と生活を大事にしたい。
その結果として「主夫」という選択肢があるのだろう。
この本は一見軽い読み物だが、その実社会をより自由に、
男女間の役割をよりフラットにしていくヒントがいっぱいある。
これぞ良書。
             ブックス・ルーエ 花本武さん

佐川光晴(さがわ・みつはる)
1965年東京都生まれ。北海道大学恵迪寮で学生生活をおくる。出版社勤務ののち、1990年から10年間にわたり大宮の屠畜場で働く。2000年『生活の設計』で第32回新潮新人賞受賞。おもな著書に『おれのおばさん』シリーズ4巻、『ジャムの空壜』『家族芝居』『ぼくたちは大人になる』『静かな夜』などがある。ノンフィクションに『牛を屠る』。現在、埼玉県志木市で兼業主夫をしている。妻と息子二人との四人家族。

記事・書評
本の雑誌 2015年6月号 萩原魚雷「主夫になりたい」
神奈川新聞 2015年4月19日 「かながわのほん」
週刊朝日 2015年3月20日増大号 「話題の新刊」
朝日新聞 2015年3月17日 「著者に会いたい」
サンデー毎日 2015年3月8日号 陣野俊史「肩ひじ張らずにやればけっこう楽しいものだ」
北海道新聞 2015年2月14日 「主夫のススメ一冊に」