おはぐろとんぼ夜話【中巻】

9784865281705
  • 著者:丸山健二
  • 装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体4600円+税
  • 四六判丸背上製/624ページ
  • 978-4-86528-170-5 C0093

美しい山と深い森の中で孤立する限界集落。一通の手紙が、愚昧とも偉人ともつかぬ老船頭を揺さぶり、故郷を流れる哲学の川を下る。
ー恩師の死、従兄弟への怨恨、そして女との出会い。過去と現在が交錯する川上で、心をもつ屋形船、〈おはぐろとんぼ〉が見た、やるせない人間の幸福と絶望とは。
ファン待望の丸山健二最新刊。
全1900ページを超える漆黒の世界!

★先着順で丸山健二氏所蔵の既刊サイン本をプレゼントいたします★



86528_136-137_我ら亡きあとにほか3点_w500

全3巻ともに、金箔押しを使用した豪華なデザインです。

記事・書評
 図書新聞 2017年6月17日号 小林広一「人間中心主義への徹底的批判」
 週刊読書人 2017年5月19日号 岡本勝人「複眼の文節を鎖列として構成する聖社会学」
丸山健二(まるやま・けんじ)
1943年生まれ。最年少で芥川賞を受賞、今なお文学の地平を切り拓く小説家。