もう一人の吾行くごとし秋の風 村次郎 選詩集

  • 著者:村次郎
    選者:管啓次郎
  • 装幀:五十嵐哲夫
    企画:八戸ブックセンター
  • 定価:本体1800円+税
  • 46判・並製/160ページ
  • 2018年10月30日 第一刷発行
  • 978-4-86528-214-6 C0095

えんえんと歩き観察する、幻の詩人
八戸・鮫に生まれた詩人・村次郎。
伊東静雄、中村真一郎、芥川比呂志、白井浩司らと交遊し、堀田善衛の小説にも登場している。
彼の『全詩集』から詩人・管啓次郎が心打たれた70 篇をセレクション。
「彼の前にはいつも彼自身が歩いているようだった。
 彼が残した言葉が、今帰ってきた。」

本書は、下記イベントの連動企画として刊行しました。
八戸ブックセンターギャラリー企画
「紙から本ができるまで展 村次郎×管啓次郎×五十嵐哲夫×三菱製紙八戸工場」
2018年10月27日(土)〜 2019年1月27日(日)


❖本文より
「原」
  なぜこんな虫に 心ひかれるのだ
  なぜこんな風に 心みだされるのだ
  風がふき 虫のなく原のなか
  風がふき 虫がよろけ 僕の心もよろけ
  風の原 虫の原 原のなかのまんなか
  風がふき また別の風がふき
  虫がなき また別の虫がなき
  ああ 原にゐて 地に立ってゐて
  なぜこの空が おもいのだ
  夕映のさふらんいろが 空氣がくるしいのだ
  風がふき 虫のなく原のなかのまんなか
  風ふけ 虫なけ 原のなかのまんなか


目次

村次郎 選詩集
村次郎を発見しよう 管啓次郎



著者
村次郎(むら・じろう)
1916−1997年。本名・石田實。慶応義塾大学フランス文学科卒業。生前刊行された詩集は『忘魚の歌』(1947年)『風の歌』(1948年)の二冊のみ。1952年以後、家業である旅館石田家(八戸市鮫)の経営に専念するため発表を断ったが、その後も未刊詩集のための創作を続けていた。没後、「村 次郎の会」により『全詩集』が刊行された(2011年)。

選者
管啓次郎(すが・けいじろう)
1958年生まれ。詩人、明治大学理工学研究科総合芸術系教授。デビュー作『コロンブスの犬』(弘文堂、後に河出文庫)以来、旅と文学をめぐるエッセーを多数発表。『斜線の旅』(インスクリプト)により読売文学賞受賞(2011年)。『Agend’Ars』四部作および『数と夕方』などの詩集を発表(いずれも左右社)。最新作は英語詩集 Transit Blues(キャンベラ大学)。

企画
八戸ブックセンター
2016年に開設された公営書店。八戸に「本好き」を増やし、八戸を「本のまち」にするためのあたらしい「本のあるくらしの拠点」。