そんなことよりキスだった

  • 著者:佐藤文香
  • 装幀:佐藤亜沙美
    装画:山本さほ
  • 定価:本体1750円+税
  • 46判並製/164ページ
  • 2018年12月31日 第一刷発行
  • 978-4-86528-216-0

笑える。切ない。少しヘン!?下心満載!言葉遊びを少々加えた恋愛小説30景!!
メガネで天パー。前向きで目立ちたがりな佐藤さんは、恋しかしてこなかった。
パワフルにあったて砕け、幾重もの恋がめぐる。
1995年神戸からはじまる新しい恋愛のかたち。

さまざまなジャンルとのコラボレーションするなど現代俳句に新しい風を吹き込んできた
短詩界のエース佐藤文香の個性が爆発!

★装画は同じく1985年生まれの漫画家山本さほさんが担当★


❖目次
花火 
学園都市 
ボンバー時代 
高校デビュー 
屋上への階段 
iモードメール 
大街道から自転車で 
龍 
小泉くんが気になる 
高木くんは年下 
月の人 
デパ地下の岡本くん 
水野さんの青い車 
女の子 
ヒロくんへ アイより 
ピアットにパクさん 
ミツルくんと芭蕉 
あなた 
光太郎 
ラブホで羊羹 
エッチな話は 
ぢんわさん 
気分自体 
世界のヤヤ 
がぶり寄りではない 
はつゆめ 
小森さんでいいのか 
鈴鹿さんと結婚すれば 
さとるくん 
三ツ重 

本文より一部抜粋



もしや!!!
これはコクられるかもしれない!!!
でも好きな人じゃ全然ない!!!



ユーが服を脱いだのをチラ見した私は「うへっ」と声を上げた。「いいでしょ」とユーは言う。上半身全域に、龍の刺青が施されていた。「全部見せてあげようか」と言って、ズボンとパンツも脱いでくれた。深い緑。ちんこ以外、全身にくまなく入っていた。小さいお尻の鱗模様がとくに綺麗で、後ろから写真を撮った。「痛かった?」と聞くと「痛くないよ」と言われた。そんなことよりキスだった。

記事・書評
読売新聞 2019年3月24日 岸本佐知子さん
佐藤文香(さとう・あやか)
1985年兵庫県生まれ。池田澄子に師事。第2回芝不器男俳句新人賞にて対馬康子奨励賞受賞。アキヤマ香「ぼくらの17-ON!」①~④(双葉社)の俳句協力。句集『海藻標本』(宗左近俳句大賞受賞)、『君に目があり見開かれ』。詩集『新しい音楽をおしえて』。共著『新撰21』、編著『俳句を遊べ!』、『大人になるまでに読みたい15歳の短歌・俳句・川柳②生と夢』、『天の川銀河発電所 Born after1968 現代俳句ガイドブック』など。