歌集 飛び散れ、水たち

  • 著者:近江瞬
  • 企画協力:山田航
    装画:佐藤優花
    装幀:北野亜弓(calamar)
  • 定価:本体1800円+税
  • 四六判変形並製152ページ
  • 2020年5月11日 第一刷発行
  • 978-4-86528-274-0 C0092

僕たちは世界を盗み合うように互いの眼鏡をかけて笑った(「空を集める」より)

第9回塔新人賞受賞、故郷の石巻市で石巻若手短歌集団「短歌部カプカプ」を率いる歌人・近江瞬による待望の第一歌集。
みずみずしい青春のシーンから東日本大震災以降の自身と故郷の関係を描いた「狭間に揺れる」まで、今ここにしかない「瞬間」は三十一音で鮮やかに切り取られ、未来へと続いてゆく。新人賞受賞作・候補作を含む全365首を収録。


きっとずっと、心の味方になってくれるしなやかな歌たち。ー東直子

「物語」ではなく、「瞬間の積み重ね」として、
人生は変わりながら続いてゆく。ー山田航


何度でも夏は眩しい僕たちのすべてが書き出しの一行目
ベランダで黒板消しを叩いてる君が風にも色を付けつつ
まだ割れることを知らない空中の瓶だよ僕らの今は例えば
立入りを禁止されてる屋上に上あがれば広がる空も同罪
三月十二日の午後二時四十六分に合わせて一人目を閉じている

❖目次
Ⅰ 空を集める/輪郭線/グリコ/交わる角度求めては/机を埋める/夕暮れの色鬼

Ⅱ 英語の海に/無作為/微かに揺れる/きえる、きこえる/半分の月/夏のひとかけ/小指の先/地図から消える/この道を渡る/窓をひらく/カメラロール/ここからが二丁目

Ⅲ 句読点/1日と1分/狭間に揺れる

解説 虹は消えゆく  山田航
あとがき
近江瞬(おおみ・しゅん)
1989年、宮城県石巻市生まれ・在住。
早稲田大学文化構想学部文化構想学科卒業。
塔短歌会所属。宮城県歌人協会会員。短歌部カプカプ代表。
第9回塔新人賞受賞。第31回歌壇賞最終候補作。
第1回笹井宏之賞最終選考通過。第61回短歌研究新人賞佳作。
ラジオ石巻「短歌部カプカプのたんたか短歌」パーソナリティ。
Twitter:@sun0690

記事・書評
「石巻日日新聞」2020年4月24日 「本紙記者で若手短歌部部長 歌集「飛び散れ、水たち」刊行 新人賞など365首収録」
「西日本新聞」2020年6月8日 俵万智の一首一会「あいまいな境界 自在な心」
「読売新聞」6月11日 長谷川櫂「四季」
「河北新報」2020年6月14日 東北の本棚「青春の歌震災後の古里」
「河北新報」2020年6月26日 梅内美華子「うたの泉(1285)」
「朝日新聞宮城県版」2020年6月30日 「歌人は記者、記事にならない31音 ツイッターのように」
「短歌研究」2020年8月号 島本ちひろ「最近刊歌集・歌書評・共選」
「現代詩手帖」2020年8月号 井上法子「連載 ここから、歌の世界は18/まぶしくて懐かしいもの「たち」」