句集 また明日

  • 著者:太田うさぎ
  • 装幀:佐野裕哉
  • 定価:本体2300円+税
  • 四六判変形仮フランス装176ページ
  • 2020年5月30日 第一刷発行
  • 978-4-86528-276-4 C0092

俳句を作ることと服を着ることは似ている。(「あとがき」より)

飄々とした詠みぶりに定評のある太田うさぎが四半世紀の句歴を経て刊行する、待望の第一句集!〈葉生姜や雨は都を洗ひ上げ〉から〈ラグビーの主に尻見てゐる感じ〉まで、厳選300句を収録。


奈落よりあらはれ春の踊かな

太田うさぎは、なかなかの芸達者である。
ごく日常的な題材でも、言葉の芸によって新鮮な場面に変貌する。ーー仁平勝


❖目次
Ⅰ 来々軒/霞みませう/フラダンス
II 雨傘/鹿の恋/レモンティー/春は曲者
III なまはげ/乳腺図/とある日の
解説 俳句の場面(シーン)をめぐって 仁平勝
あとがき

〈収録句より〉
もう春が終はつてしまふ来々軒
彼が下げ夕張メロン上京す
また明日コートひらりとすたすたと
うしろより浪が浪抱く西鶴忌
星ごつたがへす寒天干場かな
レモンティー雨の向うに雨の海
春は曲者老人を鶴に変へ
ラグビーの主に尻見てゐる感じ
いくたびも銀河の岸に呼ぶ名前
風光りをり断水の昼下り

太田うさぎ(おおた・うさぎ)
一九六三年 東京生まれ
一九九七年 俳句同人誌「や」入会(二〇〇五年退会)
二〇〇〇年 「豆の木」同人
二〇〇六年 「雷魚」同人(二〇一四年終刊)
二〇一五年 「なんぢや」同人
二〇一九年 「街」入会
二〇一〇年、二〇一四年「豆の木」賞受賞
現代俳句協会会員

書評・記事
「毎日新聞」2020年7月25日 坪内捻典「季語刻々」夏帽子振つて大きなさやうなら
「100年俳句計画」2020年8月号 岡田一実「岡田一実の句集の本棚」
「婦人公論」2020年8月25日号 櫂未知子「一句一首一篇」