文豪と印影


  • 著者:西川清史
  • 装幀:アリヤマデザインストア(有山達也、山本祐衣)
  • 定価:本体2,200円+税
  • 四六判上製/160ページ
  • 2021年12月22日 第一刷発行
  • 978-4-86528-062-3 C0095
秘蔵写真多数! 170の印影から見える130人の文豪の素顔
かつて本には「検印」が捺され、 作品を書き上げたあと文豪たちの「一番最後の仕事」は自分の本にハンコを捺すことだったーー。
病床でも「印譜」を見たいと話した夏目漱石や、遺書にも「印鑑」について記した芥川龍之介。 大好きな荷風にとっておきの「印鑑」を贈った谷崎潤一郎に、「検印」の小説を書いた菊池寛など 130人の文豪たちの170の印影をエピソードとともに収録。
「ハンコ文化」が失われつつある今、「ハンコと文豪」の切ってもきれない関係に迫る。

※検印:書籍の奥付に著者が発行部数を検する
(印税計算の基準数を証する) ために押す印。
その人を景仰するには、その人が愛用していた
こまごまとした物に依るしかない。
その点では、印章というものは最適に思われる。
──森鷗外
印表は貼らぬ方がいいんだ。
直接判を押す。
随分しゃれたものなんだよ。
──太宰治
私は著者が、
自分の持っている印を見せびらかすために押しているのだ、
とも考えた。
──伊藤整




❖目次❖
はじめに
森 鷗外
芥川龍之介
坂口安吾
太宰 治
川端康成
大岡昇平
三島由紀夫
葛西善藏
コラム ハンコの誕生は恐るべき昔
檀 一雄
大原富枝
舟橋聖一
原田康子
米川正夫
壺井 榮
五味康祐
三浦哲郎
小島政二郎
立野信之
中里介山
新田次郎
吉川英治
海音寺潮五郎
子母澤 寛
永井龍男
福原麟太郎
福田恆存
高濱虛子
薄田泣菫
井上 靖
直木三十五
幸田露伴
嘉村礒多
正宗白鳥
牧野信一
金子光晴
内田魯庵
金田一京助
山崎豊子
松本清張
久生十蘭
上林 暁
安倍能成
田宮虎彦
阿部次郎
三浦朱門
石川達三
尾崎士郎
谷川俊太郎
今 日出海
高見 順
火野葦平
荻原井泉水
日夏耿之介
岡本綺堂
大佛次郎
安岡章太郎
正岡子規
島木健作
丹羽文雄
和田芳恵
土岐善麿
森田草平
永井荷風
谷崎潤一郎
泉 鏡花
野村胡堂
木下杢太郎
齋藤茂吉
高村光太郎
久保田万太郎
稲垣足穂
横光利一
林 芙美子
武田泰淳
中原中也
織田作之助
夏目漱石
島崎藤村
室生犀星
岡本かの子
與謝野晶子
志賀直哉
武者小路実篤
北原白秋
佐藤春夫
宇野浩二
國木田獨歩
井伏鱒二
コラム 印表をじっくり味わおう
村松梢風
安藤鶴夫
岸田國士
津村節子
倉橋由美子
椎名麟三
中野好夫
川口松太郎
水上 勉
伊藤 整
有吉佐和子
三好達治
梶井基次郎
小林秀雄
横溝正史
山田風太郎
丸谷才一
中 勘助
内田百閒
徳田秋聲
江戸川乱歩
吉井 勇
司馬遼太郎
菊池 寛
廣津和郎
石川 淳
宮本百合子
開高 健
中野重治
山本周五郎
石原慎太郎
獅子文六
池波正太郎
柴田鍊三郎
吉行淳之介
堀 辰雄
大江健三郎
幸田 文
瀧井孝作
花田清輝
澁澤龍彥
佐多稲子
あとがき
西川清史(にしかわ・きよし)
1952年生れ。和歌山県出身。上智大学外国語学部フランス語学科卒業後、文藝春
秋に入社。雑誌畑を歩み、2018年副社長で退職。現在は瘋癲老人生活を満喫中。
著書に『うんちの行方』(新潮新書 神舘和則氏との共著)がある。