デイジー・ジョーンズ・アンド・ザ・シックスがマジで最高だった頃


  • 著者:テイラー・ジェンキンス・リード
    訳者:浅倉卓弥
  • 装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体2400円+税
  • 四六判並製/416ページ
  • 2022年1月30日 第一刷発行
  • 978-4-86528-063-0 C0097
Amazon1万8千レビュー、
Goodreads49万レビュー
《ニューヨーク・タイムズ》ベストセラーの話題作、ついに邦訳!

人生最高の瞬間と最低の瞬間が同時に訪れ、
届かないものを切望して、ぶつかって、
火花を散らして、やがて失う。

70年代西海岸のロックシーンを舞台に、音楽に魅せられた若者たちの、刹那的だけれど確かに輝いていた青春の季節を描く傑作小説。




彼女はデイジー、LA生まれLA育ちのパーティガール。
彼はビリー、ブレイク間近のバンド「ザ・シックス」のフロントマン。
天性のロックスター二人が出会うとき、才能の火花がはじけ、
「デイジー・ジョーンズ・アンド・ザ・シックス」はスターダムを駆け上がってゆく──。

★★★Amazon★4.4(全18,825レビュー)、Goodreads★4.2(全493.582レビュー)
《ワシントン・ポスト》《Goodreads》《エスクァイア》《Marie Claire》《BookRiot》ほかベストブック多数選出★★★

1970年代を象徴するような架空のパーティ・ロックバンドの快進撃を描く、スタイリッシュで推進力のある作品
──《ニューヨーク・タイムズ》

デイジーとバンドメンバーは私の心を捉えてしまった。きっとあなたの心も。
──リース・ウィザースプーン

フリートウッド・マックやレッド・ツェッペリンを聴いているような気持ちになる。
──《ブックリスト》(★つきレビュー)

60、70年代における見事なセックス・ドラッグ・ロックンロールの物語。
──《パブリッシャーズ・ウィークリー》(★つきレビュー)

作品紹介記事はこちら
梅田 蔦屋書店コンシェルジュの河出真美さんによるレビューはこちら
著者
テイラー・ジェンキンス・リード
マサチューセッツ州出身の作家。映画業界、高校などで働いたのち、2013年にForever, Interruptedでデビュー。
以降、7冊の小説と1冊の短編集を出版している。
6作目の長編である本作をはじめ、複数の作品がベストセラーとなっている。
LA在住。

訳者
浅倉卓弥(あさくら・たくや)
小説家、翻訳家。東京大学文学部卒。2002年『四日間の奇蹟』(宝島社)で第1回「このミステリーがすごい!」大賞で金賞受賞。著書に『君の名残を』(宝島社)、『黄蝶舞う』(PHP文芸文庫)ほか、訳書に『安アパートのディスコクイーン~トレイシー・ソーン自伝』、『フェイス・イット~デボラ・ハリー自伝』、J・コベック『くたばれインターネット』(以上ele-king books)、M・ウォリッツァー『天才作家の妻』(ハーパーBOOKS)ほか多数。