HOME/TOWN


  • 編集:太田市美術館・図書館
  • 装幀:平野篤史(AFFORDANCE)
  • 定価:本体1500円+税
  • B6変型並製/144ページ
  • 2020年2月10日
  • 978-4-86528-012-8
開館3周年記念展「HOME/TOWN」展公式図録 「たとえそこが歓喜するような場所ではなくても、われわれは多かれ少なかれ、「故郷」「地方」「ふるさと」に、宿命づけられるようにして生きている。本展は、そのどうにもならなさとともに、おのおのの「hometown」を見つめる場所として企画された。あなたにとって、ふるさとはどういう場所だろうか? ———— 小金沢智(本展ディレクター)「hometown —— そのどうにもならなさとともに生きるために」より 飾らない言葉で太田の自然を描いた、清水房之丞の詩。 さまざまな地方都市を撮影し続ける吉江淳が浮かび上がらせた、行政区として境界を引ききれない「ふるさと」の存在。 セルフポートレートを中心としていた片山真理は、今回、足尾銅山を題材にしたスナップショットなどの新境地を開拓する。 太田にゆかりをもつ3人の作家の作品から、私たちが生きる土地の歴史、生活を見つめる。川をはじまりとして、漠然とした存在である「ふるさと」を捉えなおしてゆく。 ◉参加作家 清水房之丞(詩人、1903-1964)、吉江淳(写真家、1973-)、片山真理(アーティスト、1987-) ◉掲載作品充実 ・清水房之丞の詩 11作品を収録 ・吉江淳、片山真理の新作を初掲載 ◉特別寄稿 本展覧会と出展作家への理解を深めるテキスト ・前野健太(ミュージシャン・俳優) ・管啓次郎(評論家・詩人) ・牧信太郎(美術手帖トリビューティング・エディター) ・小金沢智(東北芸術工科大学専任講師、キュレーター)




❖ 目次

ごあいさつ
川の流れの先にまちを、文化を見る ———— 太田と川  矢ヶ崎結花

清水房之丞
 村の七月
 水田の子供
 畑中
 春の柳
 桑の山
 田舎道
 桑畑の草刈
 晩春
 木ねんじん
 わがこゝろのふるさと
 愉快なる散歩

詩の生まれるところ  前野健太


吉江淳
 地方都市
 出口の町
 川世界

「出口の町」の入口で  管啓次郎
インタビュー 吉江淳


片山真理
 on the way home
cannot turn the clock back - surface
ashio copper mine

「新しい生」を生きるための眼差し  牧信太郎
インタビュー 片山真理

hometown ———— そのどうにもならなさとともに生きるために  小金沢智

作家略歴
寄稿者略歴
作品リスト
展覧会概要/展覧会制作
フォトクレジット/謝辞



開館3周年記念展「HOME/TOWN」
会場:太田市美術館・図書館 展示室1、2、3、スロープ、他
会期: 2021年2月11日(木・祝)~5月30日(日)
開催時間:午前10時~午後6時(展示室への入場は午後5時30分まで)
休館日:月曜日(ただし、5月3日は祝休日のため開館し、5月6日休館)
観覧料:500(400)円
※( )内は20名以上の団体及び太田市美術館・図書館カード、ふらっと両毛 東武フリーパスをお持ちの方。高校生以下および65歳以上、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳の交付者及びその付添人1人は無料。おおた家庭の日(第1日曜日)は中学生以下の子ども同伴の家族無料。

主催:太田市、一般財団法人太田市文化スポーツ振興財団
助成:公益財団法人朝日新聞文化財団、公益財団法人野村財団
協力:東武鉄道株式会社
後援:太田市教育委員会、太田商工会議所、群馬テレビ、エフエム太郎、株式会社 エフエム群馬、NHK前橋放送局、上毛新聞社、読売新聞前橋支局、毎日新聞前橋支局、産経新聞前橋支局、東京新聞前橋支局、朝日新聞社前橋総局
書店様向け
一覧注文書