鬼と踊る


  • 著者:三田三郎
  • 装幀:北野亜弓(calamar)
  • 定価:本体1700円+税
  • 四六判変型並製/152ページ
  • 2021年8月31日 第一刷発行
  • 978-4-86528-042-5 C0092
ずっと神の救いを待ってるんですがちゃんとオーダー通ってますか
第一歌集『もうちょっと生きる』から3年。現代短歌界のダークホースとしてただならぬ存在感を放つ著者、待望の第二歌集。笑いと絶望のはざまで踊る226首。




顔の見えない〈私たち〉が、それでもなおリアルに「語り」続ける。
この歌集は紛れもなく現代短歌の先端にある。ー山田航


〈収録短歌より〉
生活を組み立てたいが手元にはおがくずみたいなパーツしかない

心にも管理人のおじさんがいて水を撒いたり撒かなかったり

正義と悪みあってみあってはっけよいのこったのこった観客の勝ち

1杯目を飲む決断は僕がした2杯目以降は別人がした

ぼろぼろの単語帳めくる少年よ頑張れ俺はもう頑張れない

気を付けろ俺は真顔のふりをしてマスクの下で笑っているぞ

あなたとは民事・刑事の双方で最高裁まで愛し合いたい

店員に小銭を投げるおじいちゃん それを見て惚れ直すおばあちゃん

入口じゃないところから入ったがもう出口だから許しておくれ

❖目次
ワンダフルライフ
自律神経没後八年
ワイドショーだよ人生は
前科があるタイプのおばあちゃん
パーフェクトワールド
教訓
生活の魔術師
いざ出勤
アイム・ジャスト・ワーキング
人生
肝臓のブルース
二日酔いのエレジー
僕の歌
せめてあくびを
闘争的飲酒の夜
頻尿の季節
人生(Part2)
禁断の恋
俺もまぜてくれ
ハッピーシティー
路上より
疲れた男の話
人生(Part3)
故郷へ
今日はもう終わり
蛇足と言う奴が蛇足
待ってるんですが
エピローグ
エピローグ(Part2)
エピローグ(Part3)

解説 顔の見えない〈私たち〉 山田航
あとがき
三田三郎(みた・さぶろう)
一九九〇年、兵庫県生まれ。「ぱんたれい」「西瓜」同人。二〇一八年に第一歌集『もうちょっと生きる』(風詠社)刊行。本書が第二歌集となる。