ニニフニ 南方熊楠と土宜法龍の複数論理思考


  • 著者:小田龍哉
  • 装画:佐藤直樹 装幀:アジール(佐藤直樹+菊地昌隆)
  • 定価:本体4500円+税
  • 四六判上製/384ページ
  • 2021年4月12日 第一刷発行
  • 978-4-86528-019-7 C1010
中沢新一氏推薦帯!「かつてない打楽器的熊楠論が登場した」 ニニフニとは、「一」ではあるが「一」ではなく、「二」でもあるが「二」ではない、そんな領域について考えるための言葉である。「日本人の可能性の極限」と評された熊楠と、その盟友法龍。彼らの構想したもう一つの近代が、新たな熊楠像と共に浮かび上がる。




南方熊楠のパンクな脳に同調し、共振することのできた、かつてない打楽器的熊楠論が登場した(中沢新一)

「日本人の可能性の極限」と評された天才、熊楠と、その盟友法龍。二人の足跡から浮かび上がる、日本の近代化、スキゾな生き方、恋愛論、妖怪、霊魂 etc……。西洋哲学と東洋思想を融合させ、宗教や民俗まで巻き込んだ冒険的論考を展開する!


❖目次
プロローグ

第一部 過去の「事」ども
第一章 逆流する学問 ─南方熊楠「事の学」の方法
第二章 「事」に時間を ─「事の学」と井上円了「妖怪学」
第三章 土宜法龍と「事」ども ─真言密教と〈複数の即〉
第四章 逃げ去る土宜法龍 ─安政元年のスキゾ・キッズ

第二部 天上の恋、地上の「事」ども
第一章 「わたし」の霊魂不滅論─交わりの視点から読む南方熊楠・土宜法龍往復書簡(前)
第二章 未完の「南方曼陀羅」─交わりの視点から読む南方熊楠・土宜法龍往復書簡(後)
第三章 バイロジカル・ロマンティック ─恋と戒律と南方熊楠

エピローグ

第三部 資料編 南方熊楠宛土宜法龍書簡 一八九三─一九〇四年(新翻刻)

注釈一覧

あとがき
小田龍哉(おだ・りょうすけ)
同志社大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文化史学)。文化史・思想史。同志社大学・神戸市外国語大学・高野山大学非常勤講師。おもな論考に「慈雲と雲照の十善戒─規範と主体とをめぐる考察」(『アリーナ』23号、2020年)など。