LOOP映像メディア学 Vol. 11


  • 東京藝術大学大学院映像研究科=発行、左右社=発売
  • 装幀:五十嵐哲夫
  • 定価:本体1200円+税
  • 四六並製/384ページ
  • 2021年3月31日 第一刷発行
  • 978-4-86528-029-6 C0070
映像芸術の最先端を東京藝術大学から発信する「LOOP」最新号。 O・ウェルズ、黒澤明、小津安二郎らの作品分析をとおして映像編集の「定石」を問い直すクリエイティブ・ディレクター佐藤雅彦の論考のほか、写真家・畠山直哉が語り直す写真史、オリヴェイラ作品の編集者を長く務めたV・ロワズルーと映画監督・筒井武文の対談、H=T・レーマンによるペーター・ハントケ論に加え、桂英史のメディア・アート論を収録。コンテンポラリー・アニメーションの最前線を伝える山村浩二による公開講座はルース・リングフォードを迎える。【4月9日搬入】



[目次]

論考|定石的映像手法の定石を離れた使い方 マッチカット編/イマジナリーライン編|佐藤雅彦
論考|プロメテウスのための新しい命法 ポストメディア運動としてのメディア・アート|桂英史
コンテンポラリー・アニメーション入門|Feel-bad film making──ルース・リングフォード インタビュー|山村浩二
論考|写真家が物語る写真史・序説|畠山直哉
映画編集公開講座|ショットのつながりの矛盾──オリヴェイラの作品を編集すること ヴァレリー・ロワズルー+筒井武文
論考|ペーター・ハントケ、この世界にともに住まうこと|ハンス゠ティース・レーマン(翻訳 : 林立騎)

サーベイ論文|異界としての津軽へ 表現と居場所をめぐる考察として|潘逸舟
サーベイ論文|「禿山の一夜」に見る作家の制作プロセス|宮嶋龍太郎
サーベイ論文|ビデオゲームにおける映像表現と、それらしさ|山形一生
総説論文|疎外と平穏 統合失調症の病理とユビキタス社会の疎外|西條朋行
研究ノート|インスタレーションの異質な空間の空間化 プロセス化可能性とリテラルネス|大岩雄典
研究ノート|序説:視聴者から鑑賞者へ 『日曜美術館』はどのようなオーディエンスをもたらしてきたのか|村田萌菜
研究ノート|ネットワークのなかのアナグラム試論|布施琳太郎



編集・発行=東京藝術大学大学院映像研究科
〒231‒0005神奈川県横浜市中区本町4‒44
TEL=045‒650‒6200/FAX=045‒650‒6202
http://www.fnm.geidai.ac.jp