9784865281675

〈わたし〉と〈みんな〉の社会学 THINKING「O」014号

  • 著者:大澤真幸、見田宗介
  • 装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体1450円+税
  • 46版並製/160ページ
  • 978-4-86528-167-5

大澤真幸個人思想誌14号。社会学を牽引する見田宗介=真木悠介と大澤真幸が、師弟の関係の枠を越えてこれからの50年について論じた最新対談と見田宗介『宮沢賢治』に応答した大澤真幸最新論文を収録。
未来も人生も先が見えない今、社会学の二大知性が時代と真正面から向き合い考えます。生命はどうなる? 資本主義はどうなる? 人類はどうなる? そして〈わたし〉はどうなる?
書影

日本人が70年間一度も考えなかったこと 戦争と正義 THINKING「O」013号

  • 著者:大澤真幸、姜尚中
  • 装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体1100円+税
  • 46版並製/112ページ
  • ISBN978-4-86528-131-6

われわれ日本人は、戦争と平和について戦後ずっと考えてきたつもりでいる。だがしかし――。「大規模なデモをもって強く反対されている法を、きわめて強引な仕方で通過させた政権が、高い支持率を維持しているのはどうしてなのか」その”不可解”な事実を、グラフと数値を使いあざやかに解明! 「敗戦」を乗り越えるための論点は、「九条の純化」そして「積極的中立主義」へと展開する。安保法案成立を嘆くより、日本にはまだ未来のためにできることがあると目が覚める一冊。
シンキングオー12号

ピケティ『21世紀の資本』を越えて 超入門から資本主義新論へ THINKING「O」012号

  • 著者:大澤真幸 
    ゲスト:小野善康
  • 松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体1200円+税
  • 46並製/128ページ
  • ISBN978-4-86528-120-0 C0036

【左右社設立10周年第三弾】
大澤真幸が大解剖!ピケティ『21世紀の資本』。だれでも理解できる超入門から、それを深く展開した資本主義新論へ。ゲストに経済学者の小野善康氏。グラフを見ているだけでもおもしろいピケティのデータを正確に理解。そのうえで、焦点はピケティの中心的なテーゼ、 r>g に。ピケティの大発見のように思われている、この不等式の本当の意味とは何か。ピケティの議論から、格差の真の原因とこれからの資本主義を考える。大澤真幸による「超早わかり『21世紀の資本』」も掲載。THINKING「O」シリーズ、最新号!
534d04858c64ff48d86ec05cabf6f799

やっぱりふしぎなキリスト教

  • 著者:大澤真幸 ゲスト:橋爪大三郎、大貫隆、高橋源一郎
  • 装幀:松田行正
  • 定価:本体1300円+税
  • 四六判並製/160ページ
  • ISBN978-4-903500-52-2 C0036

キリスト教がわかって、初めて近代もグローバリズムもわかる。
『ふしぎなキリスト教』の続編とも言うべき、橋爪大三郎氏、大澤真幸氏の対談のほか、大貫隆氏と高橋源一郎氏をまじえた徹底討論を掲載。大澤真幸THINKING「O」シリーズ、装丁一新!
e4e5e6d346cd53755ade5827fb949c63

3.11後の思想家25

  • 編著:大澤真幸
  • 装幀:五十嵐哲夫
  • 定価:本体2500円+税
  • 四六判並製/352ページ
  • ISBN978-4-903500-67-6 C0036

大澤真幸が撰ぶ、いま・これから読むべき思想家25人。
「リスク社会」のウルリッヒ・ベック、「災害ユートピア」のレベッカ・ソルニット、さらには高木仁三郎、レイチェル・カーソンら3.11以後、まさにいま求められ読み返されるべき思想家たちを取り上げる。加えてハイデガー、カント、レーニンら、あらたな読み直しが迫られる思想家をも取り上げ、その思想の真価を探る。
8dd5068360b55e726b8a1e45bb0ae655

大澤真幸THINKING「O」第10号記念号

  • 著者:大澤真幸 ゲスト:岩井克人
  • 装幀:五十嵐哲夫
  • 定価:本体1000円+税
  • A5判並製/132ページ
  • ISBN978-4-903500-51-5 C0036

社会学者・大澤真幸が、対談と論文で現代社会を特集形式で考える個人思想誌「O[オー]」第10号記念号。
3.11の後、日本経済はどのように変わってゆくのか。それを考えるためには、原発、原子力の問題を乗り越えなければならない。渾身の原発論で、招来すべき未来を見通す!
新連載「論文の技法」第2回。
e12d07f185876bfab4c52bc0b0fd6fd4

大澤真幸THINKING「O」第9号

  • 著者:大澤真幸 ゲスト:佐伯啓思、高澤秀次
  • 装幀:五十嵐哲夫
  • 定価:本体1000円+税
  • A5判並製/136ページ
  • ISBN978-4-903500-50-8 C0036

社会学者・大澤真幸が、対談と論文で現代社会を特集形式で考える個人思想誌「O[オー]」第9号。
日本社会のありようを深く規定する近代天皇制。明治末から昭和初期、近代日本の成立期における天皇制の意味の検討をとおして、あらためて社会構造への影響力を明らかにする。
緊急特集として3.11東北関東大震災をめぐる論考を収録。その直前にNHK「視点・論点」で放映された論考とともに、未来への希望を破局的事態の中に見出す。
新連載「論文の技法」スタート!
bc4685469c96d3721466a1714b0ad56f

大澤真幸THINKING「O」第8号

  • 著者:大澤真幸 ゲスト:宮台真司
  • 装幀:五十嵐哲夫
  • 定価:本体1000円+税
  • A5判並製/108ページ
  • ISBN978-4-903500-40-9 C0036

社会学者・大澤真幸が、対談と論文で現代社会を特集形式で考える月刊誌「O[オー]」第8号。
ともに日本を代表する社会学者・宮台真司と大澤真幸。ついに実現した初対談を完全収録。いま話題の「正義」、沖縄の進むべき道、社会学から迫る共同体のコア、などなど白熱の議論を再現!
また注目の、大澤真幸による宮台真司論を書き下ろし収録。
74009dbfd70a086b36e3eef79c95ba53

大澤真幸THINKING「O」第7号

  • 著者:大澤真幸 ゲスト:角田光代、森達也
  • 装幀:清岡秀哉
  • 定価:本体1000円+税
  • A5判並製/136ページ
  • ISBN978-4-903500-39-3 C0036

社会学者・大澤真幸が、対談と論文で現代社会を特集形式で考える月刊誌「O[オー]」第7号。
作家・角田光代、映画監督にして評論家・森達也を迎え、この世に生を与えられるとはどういうことなのか、現代社会は犯罪や死刑といかに向き合って行くべきなのか、語り合う。
「人生という物語」の成立しなくなった現代を生きるための思想的指針を問う書き下ろし論考収録。
f7c3f3d7c48854ea73ea7a6378575ff7

大澤真幸THINKING「O」第6号

  • 著者:大澤真幸 ゲスト:鷲田清一
  • 装幀:清岡秀哉
  • 定価:本体1000円+税
  • A5判並製/124ページ
  • ISBN978-4-903500-38-6 C0036

社会学者・大澤真幸が、対談と論文で現代社会を特集形式で考える月刊誌「O[オー]」第6号。
20世紀、媒介=メディアを深く考察の対象とするようになった結果、哲学は、この世界の外部をかいま見せる迫力を失ったのではないか。しかし哲学の復権があるならば、それは社会学としてだろう——。
最も哲学を実践し続けている鷲田清一をゲストに迎え、哲学をすることの意味を問う。
論文は、その実践編ともいうべき入魂のサッカー論。人類はなぜ、かくもサッカーに熱狂するのか? 人類史の根源にまで遡ったとき、サッカーが示している思わぬ人間像が明らかになる!