にゃんハウス。

9784865281392
  • 著者:伴田良輔
  • 装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体1,500円+税
  • B6判変型/並製/96ページ/オールカラー
  • 978-4-86528-139-2

猫たちからの反響、続々!!

屋上の見晴らしがイイから、降りたくないなー(チビ太)
この家にいると、なんだか懐かしいかんじがするんだ。(ミハイル)
かくれんぼをするのにちょうどいいね。(テクとニカ)

「にゃんハウス」建築家の傑作と20匹のキュートな猫たちの、ほっこりしすぎる写真集。巻末には、誰でも簡単に「にゃんハウス」を作れる解説も付き、プレゼント本に最適な一冊。



さあ、20匹のかわいい猫の施主たちと、「にゃんハウス」をご覧ください。みんな晴れがましい姿です。そしてあなたもぜひ自分で「にゃんハウス」を作ってみてください。依頼者は猫ですから、もちろん建築費は払ってくれませんが……。(まえがきより)




伴田良輔(はんだ・りょうすけ)
作家、写真家、版画家。京都生まれ。著書に『アリスのお茶会パズル』(青土社)、『mamma』(谷川俊太郎との共著/徳間書店)、翻訳書に『ダーシェンカ 愛蔵版』(青土社)などがある。段ボールで作ったキャットハウスの絵本『The Kittens of Boxville』が2009年に米国で出版され、世界でも例のない“猫家建築家”として話題になった。無類の猫好きが高じて、雑誌『猫びより』では17年にわたって猫のいる旅館を訪ねる写真紀行を連載中。『猫のいる宿』『ようこそ女将猫』(辰巳出版)などの“宿猫シリーズ”の単行本がある。