〆切仕事術

〆切仕事術
  • 著者:上阪徹
  • 装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体1700円+税
  • B6判変型/並製/232ページ
  • 978-4-86528-164-4

著者は人気ブックライターにして〆切の達人! しかし、昔は違った。

高校、大学時代は遅刻魔。最初に入った会社でもルーズで、周囲に迷惑ばかりかけていた。次の会社では、目の前に積み上がった膨大な量の仕事に、途方に暮れる毎日。

サラリーマン時代にふぅふぅ言っていた著者が、その後、フリーランスになって、当時の3倍、4倍の仕事ができるようになれたのは、〆切を味方につけたからだった!

当時の著者と同じ境遇にいるすべての仕事人を救う一冊!


〆切守り率100%のメソッド大公開! 「なんとかなるさ」はまったくならない。

◎〆切を守るための「打ち合わせ」の仕方
◎文章をすばやく書くコツ
◎〆切を守ってもらう方法
◎〆切に間に合わない言い訳をさせない方法


目次
はじめに
序章 〆切は悪なのか、善なのか
第1章 〆切に追われず、〆切を守る方法
第2章 〆切とうまく付き合う方法
第3章 〆切を守ってもらう方法
終章 〆切を味方につければ、人生はうまくいく
おわりに

上阪徹(うえさか・とおる)
1966年、兵庫県生まれ。89年、早稲田大学商学部卒。アパレルメーカーのワールド、リクルート・グループを経て、94年よりフリーランスとして独立。経営、経済、就職などをテーマに、雑誌や書籍などで幅広く執筆やインタビューを手がけている。広範囲に及ぶ取材相手は3,000人を超え、自らが聞き出した成功者のエッセンスを伝える講演活動も行う。

関連書籍