古代ギリシアにおける哲学的知性の目覚め

  • 著者:佐藤康邦
  • 装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体2,000円+税
  • B6並製/200ページ
  • 2018年2月10日
  • 978-4-86528-189-7

ヘーゲルもニーチェも、
ここからはじまった。
哲学という営みの根源を、
豊穣なる古代ギリシア文化に訪ねる
比類のない哲学への〈誘い〉


ペルシア戦争の悲劇を描き出すトゥキュディデース「戦史」、
近代的人間観につながるエウリピデスらのギリシア悲劇、
恋愛小説として読めるプラトン対話篇。
華開く古代ギリシア文化の精髄に、
哲学という営みの根源を捉える、最良の哲学への道案内。


ヘロドトスやトゥーキュディデースの歴史書は、やがて哲学を打ち立てるに至るようなギリシア人の知性がいかなる現実のなかから生まれてきたかを物語るであろうし、ギリシア悲劇は、深刻な運命を扱い、いかにも哲学的内容を含んでいるかに見える。
(あとがきより)

目次
まえがき
第一章 神話から歴史へ ヘロドトスの『ヒストリア』
第二章 人間洞察と歴史記述 トゥーキュディデースとペロポネソス戦争(上)
第三章 アテネ民主主義の運命 トゥーキュディデースとペロポネソス戦争(下)
第四章 ギリシア悲劇の近代性 アイスキュロス、ソフォクレス、エウリピデス
第五章 近代哲学に響くギリシア悲劇 ヘーゲルとニーチェの哲学
第六章 恋愛小説としてのプラトン対話篇 アリストファネス、プラトン
第七章 ギリシア文化の影響力 遠近法の歴史
あとがき

佐藤康邦(さとう・やすくに)
倫理学、哲学。東京大学名誉教授。
主な著書に『ヘーゲルと目的論』(昭和堂)、『カント『判断力批判』と現代』(岩波書店、第18回和辻哲郎文化賞受賞)『教養のヘーゲル『法哲学』』など、共訳書にヘーゲル『法の哲学』(岩波書店)などがある。
書店様向け
一覧注文書