BL古典セレクション① 竹取物語 伊勢物語

  • 訳者:雪舟えま
  • 装画:ヤマシタトモコ
    装幀:鈴木成一デザイン室
  • 定価:本体1700円+税
  • 四六判並製/272ページ
  • 2018年10月1日 第一刷発行
  • 978-4-86528-212-2 C0393

全員、男。
古典作品の性別を変え、ボーイズラブ化したポップな現代語訳シリーズ第一弾。
誰もが知っているはずの『竹取物語』と『伊勢物語』が、
唯一無二の言語感覚でロマンチックな世界を描く作家の雪舟えまによって、
全く新しい物語として鮮やかに動き出す。

竹から生まれた絶世の美少年・かぐや彦が、
貴公子たちや帝の求婚をしりぞけて、惜しまれつつも天に昇ってゆく竹取物語。

数々の男たちと歌を詠み合い枕を交わす稀代のプレイボーイ歌人・在原業平の
元服から終焉までを、一代記風の歌物語として描く伊勢物語。

はじめての古典、はじめてのBLにも最適な一冊。


★初版のみヤマシタトモコによる装画ポストカード封入!★



かぐや彦という人ならぬ人を愛したために――。
1000年の時を経て誕生した異色の名訳。
身分の差と時の流れに翻弄されながら、
それでも愛し合うことをやめられない男たちの物語。

続刊予定
2018年12月刊行予定 海猫沢めろん 訳『古事記』
2019年3月刊行予定  王谷晶 訳『怪談』(ラフカディオ・ハーン 著)

❖目次
竹取物語
伊勢物語
本書のねらいと訳者解説


❖竹取物語

 君がかぐや彦か――そうたずねるのもおろかに思えるほど、これがかぐや彦いがいのなにものでもあろうはずがなかった。
 あの男もあの男もこの少年のために身を滅ぼした。
 少年について聞いていたことにすこしも誇張はなかったのだと、すべてに納得がいく。苦しいほどに男たちの気持ちがわかる。いまや帝自身が、かぐや彦のあまたの求婚者たちとおなじ気持ちに――はげしい恋におちいっていた。しかし帝が彼らとちがっていたのは、男たちのだれもかぐや彦のすがたを間近に見たことはなかったが、自分はいま、少年とひとつ部屋におり衣服の触れあうほどに近づいているということである。
 どう口をきいたらいいのか、言葉が通じるのかと、帝はかぐや彦の黒い瞳をさぐるように見つめるが、その赤いくちびるが、光の肌のしたにも人とおなじ色の血が流れていることを示していた。帝は白く輝く手首をつかんでひきよせる。
 顔をそむけるかぐや彦。
 帝はいう。
「放さないぞ」
 そして、かぐや彦をつれていこうとする。
「あなたは僕をつれていくことはできない」
「私にできないことなどないのだ、かぐや彦」


❖伊勢物語

 私は自分を、誠実で律儀な人間と想う。たくさん恋をするが、いつも真剣で、いいかげんな気持ちだったことはいちどもない。
 仁明天皇にお仕えしていたとき、道理にはずれたことをしてしまった。帝の息子、親王さまお気に入りの召使いと相愛になってしまったのである。いつもいつも、立場や身分というものが私の恋路の前にたちはだかる。
 想いというものは――肉体の寿命も、頭で決めた掟も、すべての制限をかるがると超えて、私とだれかを結びつけてしまう。なぜ制約だらけの地上に生きる人間が、そんな自由すぎるものをもたされているのだろう。
 
雪舟えま(ゆきふね・えま)
1974年札幌市生まれ。作家、歌人。著書に歌集『たんぽるぽる』『はーはー姫が彼女の王子たちに出逢うまで』、小説『タラチネ・ドリーム・マイン』『プラトニック・プラネッツ』『恋シタイヨウ系』『パラダイスィー8』ほか。2017年より男性カップル「緑と楯」シリーズの執筆をメインの活動としている。