急がば廻れ ジワジワ効く8つのひらめきストレッチ

  • 著者:松田行正
  • 装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体2500円+税
  • 四六判並製変型/288ページ
  • 2019年6月30日 第一刷発行
  • 978-4-86528-238-2 C0039

福岡伸一先生、大推薦!!
「実はこの本は、タイトルからはすぐに想像できないが、たぐい稀なるデザイン文化史の良書です。楽しい上、教養も身につく。語り口もよい。こんなにお買い得な本はめったにありません。」

教養+手作業で「ひらめき」を鍛える!

アプリやソフトを使えば誰でもクリエイターになれてしまう時代だからこその悩み。

・似たり寄ったりなデザインになりがち……
・模倣以外にアイデアの種が見つからない
・“自分らしい” 表現、デザインができない

本書は、いったんパソコンから離れ、手作業で創作のひらめき、楽しみを味わい直すための8つのデザイン・ワークショップを収録!
マルセル・デュシャンやピカソ、アルチンボルドなどの芸術家や、ナイチンゲール、ガリレオなど偉大な発見や作品を残した人物の「ひらめき」を学び、創造力を根本から鍛え上げる。
50年以上ブック・デザインの最前線で活躍を続ける著者が送る、“非効率”で“遠回り”、でも役にたつ!ジワジワ効いてくる8つのひらめきストレッチ!

「センスは、ちょっとだけ常識を外れたところにあるからね」ー松田行正


◆本書に登場する「ひらめき」作品
マルセル・デュシャン〈泉〉/ジャン・アッシュ『丸と四角の世界』/カジミール・マレーヴィチ〈黒の正方形〉/ヴィクトリア女王を説得したナイチンゲールの円グラフ/パブロ・ピカソ〈アビニヨンの娘たち〉/パピエ・コレ/ディーター・ロート『Bok 3b und Bok 3d』/ジニー・ミージン・ユーン『ABSENCE』/ピーター・ビアードのコラージュ本/大竹伸朗のコラージュ本/アドルフ・ヴェルフリのコラージュ本/アルチンボルドの〈四季〉/歌川広重〈道外上下見ノ図〉/アヌーク・ボワロベール&ルイ・リゴー『POPViLLE』……他、カラー図版多数掲載!
❖目次
はじめに
1 ありえない書き方を見つけよう!

2 記号で絵本をつくろう!

3 なんでも円グラフにしてみよう!

4 直線地図をつくろう!
5 本を変身させよう!

6 逆さ顔集まれ!
7 絵を動かしてみよう!

8 ポップアップ本を作ろう!

付録 本のしくみ
おわりに
図版リスト
参考文献
著者:松田行正(まつだ・ゆきまさ)
本のデザインを中心としたグラフィック・デザイナー。自称デザインの歴史探偵。「オブジェとしての本」を掲げるミニ出版社、牛若丸主宰。『眼の冒険』(紀伊國屋書店)で第37回講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞。近著として、『デザインってなんだろ?』(紀伊國屋書店)、『RED』『HATE!』(左右社)、『デザインの作法』(平凡社)がある。
http://www.matzda.co.jp