流れのなかにひかりのかたまり

  • 著者:青木野枝
    執筆者:寺尾紗穂、神山亮子
  • 装幀:三木俊一(文京図案室)
  • 定価:本体2,000円+税
  • B5変型並製/128ページ
  • 2019年7月31日 第一刷発行
  • 978-4-86528-242-9 C0071

2019年鹿児島県霧島アートの森、府中市美術館展覧会公式カタログ
青木野枝の作品と時間に迫る待望の作品集!


大気や水蒸気をモチーフに万物が移ろいゆくなかの生命の尊さをあらわし、重量のある素材から軽やかな彫刻を制作してきた青木野枝。作品の殆どは展示場所に合わせて組み立てられ、展示が終わると解体される。本書では、作品や青木自身のインタビューの他、つくって、置き、崩す、を繰り返す営みをドキュメントとして掲載する。
素材からは想像もできない軽やかで光を宿す彫刻、ドローイング、写真など計56点が収録。関東では約20年ぶりの大規模個展が開催される青木野枝展「霧と鉄と山と」、鹿児島県アートの森「青木野枝―霧と山」の共同公式図録。エッセイでミュージシャンの寺尾紗穂が参加。





見たいけれどこの世界にないもの。
それをつくっている。
 それが私にとって彫刻なのだと思う。
 彫刻をこの世界にたてる。
その中に入って行く。
 その中を歩く。
 立ち止まって見上げたりする。
すると、初めて見る景色が広がっている。
いままでいた世界と違う気がする。
そして、見たことが何かを変えていく。
それから時が来て、この彫刻を解体する。
それは地上から消えてしまう。
その間だけ開く通路のようなもの。
私にとって、彫刻の持つ時間は限られている。
ここで見たことが何かを変えて、また次に見たいものがあらわれる。
 つくる。解体する。
 繰り返す。
青木野枝「見たいけれどこの世界にないもの。」より

青木野枝(あおき・のえ)
1958年生まれ。鉄板から切り抜いた形をつなげて広い空間に展開。近年はガラスや石膏など新たな素材にも挑戦している。平成11年度(第50回)芸術選奨文部大臣新人賞受賞。目黒区美術館(2000年)、豊田市美術館・名古屋市(2012年)など個展多数。多摩美術大学客員教授。

❖目次

「見たいけれどこの世界にないもの。」青木野枝

plates
彫刻
写真
ドローイング

text
「鉄の光をすくう人」寺尾紗穂
ドキュメント
コラム・鉄
インタビュー
「流れのなかにひかりのかたまり」神山亮子

略歴
図版リスト
テキスト出典、撮影クレジット