楡の茂る頃とその前後

  • 著者:藤田哲史
  • 装幀:佐野裕哉
  • 定価:本体1800円+税
  • 四六判変形152ページ
  • 2019年11月30日 第一刷発行
  • 978-4-86528-253-5 C0092


俳句アンソロジー『新撰21』 『天の川銀河発電所』入集、繊細な文体で高く評価された若手作家による、待望の第一句集。存在の眩しさ、そして儚さをめぐる264句。


この明るさをどこかで知っていたような気がして、それは何であっただろうかと、しばらく考えていた。ーー鴇田智哉

藤田の句は本質的に抒情句であり、その抒情の過剰さを押し留める堰としての筆致の端正さがある。ーー生駒大祐

❖目次
Ⅰ ルーペ/Ⅱ 別れの日/Ⅲ 音信不通/Ⅳ 瑠璃子/Ⅴ 言う/Ⅵ ラッシュ/Ⅶ 居候/Ⅷ 楡の茂る頃とその前後
栞:鴇田智哉「ある日あるときの」/生駒大祐「天体から冬木へ」

 アイスコーヒー空青きまま夜に入る
 忘れまた深く眠りぬ龍の玉
 孤独ありダウンジャケット抱くと萎ゆ
 長閑なり誰かが浜に残す線
 台北湿度九十東京湿度百
 秋風や汝の臍に何植ゑん
 そして木が榠樝を容るころ
 音信不通以後の鯖雲はためくシーツ
 セーターから首出すときの真顔です
 いつかある時の終わりの冷ややかに

藤田哲史(ふじた・さとし)
1987年 三重県生まれ
2010年 『新撰21』(筑紫磐井、対馬康子、高山れおな編著、邑書林)に入集
2017年 『天の川銀河発電所 Born after 1968 現代俳句ガイドブック』(佐藤文香編著、左右社)に入集