深夜ポンコツ

  • 著者:鈴木圭介
  • 装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体1727円+税
  • 四六判並製/256ページ
  • 2020年5月30日 第一刷発行
  • 978-4-86528-275-7

涙なんかじゃ終わらない!!
フラワーカンパニーズ鈴木圭介の自意識爆発エッセイ集!

なんだか全力で生きたくなった、生きててよかったって言える日を僕も探したくなった。――山里亮太氏(お笑い芸人)

ライブにも行きたくないぐらいに絶望していたあの頃、どうしてもフラカンを生で見たくて、なけなしのお金でチケットを取った。(対談より)
――尾崎世界観氏(ミュージシャン)

暗さが明るさに、汚さが美しさになるような。この世界はなんと生きるに値するものなか説得されてしまう。(対談より)
――角田光代氏(小説家)

❖ただいまサイン本にて、ご注文を承っております【数量限定】2020.5.29

代表曲「深夜高速」誕生の日々や、結成からメジャーデビューまでを綴ったフラカン版「スタンド・バイ・ミー」などの長篇描き下ろしエッセイに加え、革ジャンが似合わないなで肩男子の苦悩など、笑えて泣けて時々ポンコツな傑作コラムを収録!

❖付録も全開❖
・終わらない自問自答!➡ひとりインタビュー「革ジャン問題」「居酒屋問題」「スマホ問題」
・描き下ろしイラスト掲載!➡童話「月と太陽」
・スペシャル対談➡尾崎世界観「歌い続けるために」、角田光代「言葉が生まれる時」
・The Birthdayクハラカズユキ、怒髪天 増子直純、SA TAISEIとの革ジャンをめぐるトークセッション!➡ガラ圭新聞
・言葉と記憶の引き出し➡鈴木圭介脳内辞書

❖鈴木圭介、魂の叫び!❖
「尻の穴は、出口であって入り口ではない!」
「一回ぐらい職質しろよ! 見抜けよ! 俺のバイオレンス!」
「自分はロックバンドのボーカリストという肩書以外、過剰なところなどひとつもない」
「正直な話、フラワーカンパニーズって長過ぎる!」
「過去も未来も本当は引き剝がすことなんてできないんだけど、ライブの瞬間だけはありえるかもしれないって思いたいじゃん」
「たとえ今が冬だったとしても、季節は巡る。春はまた来るのだ!」


❖目次❖(※題目、収録順は変更になる可能性がございます)
深夜高速の頃

*コラム
くねくね事件の巻
自転車おばさんの巻
省略の巻
素朴な疑問の巻
腸内百景の巻
便所ノックの巻
どん兵衛の巻
犬と猫の巻
血液型診断の巻
効くCMの巻
なで肩男子の巻
老〜いの巻
バイオレンスの巻
海の男の巻
SA-YOUの巻
心のユートピアの巻
エンケンさんの巻
助六寿司の巻
切り替えの巻
自然と私の巻
自意識過剰の巻

ひとりインタビュー革ジャン問題

ガラ形新聞 第1号 総力特集「The Birthday クハラカズユキくんの赤い革ジャン」

ひとりインタビュー居酒屋問題

ガラ形新聞 第2号 総力特集「怒髪天 増子直純さんの馬皮の革ジャン」

ひとりインタビュースマホ問題

ガラ形新聞 第3号 総力特集「SA TAISEIさん、王道の革ジャン」

*童話
月と太陽

誰も弾かないピアノ
13歳のカセットテープ
スタンド・バイ・ミー

*対談
尾崎世界観 歌い続けるために
角田光代 言葉はどこから生まれる

*付録
鈴木圭介脳内辞書

父の鼻歌
50歳の巻
ハイエースの轍

おわりに
鈴木圭介(すずき・けいすけ)
ロックバンド、フラワーカンパニーズのボーカル。1969年4月30日札幌生まれ、名古屋育ち。1989年、フラワーカンパニーズを結成。全国を機材車で駆け巡り、年間100本近いライブ活動を展開。楽曲「深夜高速」が多数のミュージシャンにカヴァーされ話題に。著書に『三十代の爆走』、『イッツオンリーロッキュンロール―鈴木圭介全歌詞集』、フラワーカンパニーズ『消えぞこない 〜メンバーチェンジなし! 活動休止なし! ヒット曲なし!のバンドが結成26年で日本武道館ワンマンライブにたどりつく話〜』がある。