西洋近代絵画の見方・学び方

  • 著者:木村三郎
  • 装幀:松田行正
  • 定価:本体2000円+税
  • B6判並製/240ページ
  • 2011年8月10日 第一刷発行
  • 978-4-903500-63-8 C0391

毎年のように大規模な展覧会が開かれ、ますます本物にふれる機会の増えている西洋絵画。
そこに描かれた意味や物語を、本当に読み解けていますか?
西洋近代絵画に描かれたイメージの意味、選択された技法の持つ歴史的背景、さまざまな物語から採用されている主題のニュアンスなど、名画の本質へのアプローチ方法をわかりやすく解説します。
レポート作成、論文執筆のための美術史研究ならではの情報整理術も紹介。
西洋美術史研究へのはじめの一歩。カラー口絵収録。



創造的でなければ芸術とはいえないという考え方は、21世紀を生きる我々には最もなじみのある思想である。ところがこうした考え方は、美術史の世界をながめるならば、必ずしもいつの時代にも認められていた思想ではない。(「第4章 時代考証から見た絵画」より)



[目次]
まえがき
第1部 西洋近代絵画の見方
第1章  美術史を学ぶ楽しみ
第2章  画家伝から見た絵画
第3章  情念表現から見た絵画
第4章  時代考証から見た絵画
第5章  様式から見た絵画
第6章  図像学から見た絵画(1)
第7章  図像学から見た絵画(2)
第8章  来歴から見た絵画
第2部 西洋近代絵画の学び方
第1章  美術史研究の実際的方法
第2章  展覧会カタログの意味とその方法
補遺1  カタログ・レゾネ作成のための文献カード執筆法
補遺2  西洋美術辞典を使う
キーワード解説/収録図版データ
きむら・さぶろう=西洋美術史、アートドキュメンテーション。
主な著書に『ニコラ・プッサン』(中央公論美術出版)、『名画を読み解くアトリビュート』(淡交社)など。
書評・記事
中央公論 2012年1月号 書苑周遊「新刊この1冊」 宮下規久朗
日本経済新聞 2011年9月7日夕刊 井上章一「美術鑑賞の勘所や引用を解説」