評伝梶井基次郎 視ること、それはもうなにかなのだ

  • 著者:柏倉康夫
  • 装幀:清岡秀哉
  • 定価:本体6300円+税
  • A5判上製/464ページ
  • 2010年8月30日 第一刷発行
  • ISBN978-4-903500-30-0 C0090

31歳という短い生涯で『檸檬』をはじめとする数々の傑作短編を残し、いまも表現者に大きな影響を与える不世出の作家。その独自の感覚世界と人生に著者が25年の歳月をかけ全貌に迫る。
梶井評伝の決定版。
[目次]
第一部
同人たち/城のある町/レモン/「瀬山の話」/幻視者/「青空」創刊
第二部
大学生活/行き悩む創作/青春賦/それぞれの道/「ある心の風景」/「新潮」への誘い/二重の自我/大正末
第三部
「冬の日」/「冬の日」の評価/闇と光/湯ヵ島/三好との友情/素材/湯ヵ島最後の日々/
白日の中の闇/同人誌仲間/昭和三年
第四部
上京/帰阪/社会への関心/「根の深いもの」/移転/昭和五年秋
第五部
『檸檬』/『檸檬』の反響/「のんきな患者」/終焉

参考文献/付録/あとがき
柏倉康夫(かしわくら・やすお)
1939年東京生まれ。東京大学文学部フランス文学科卒業。NHK解説主幹、京都大学大学院文学研究科教授を経て、現在、放送大学名誉教授。フランス共和国国家功労勲章シュバリエを叙勲。おもな著書に、『マラルメ探し』『生成するマラルメ』『敗れし國の秋のはて 評伝堀口九萬一』『私たちはメディアとどう向き合ってきたか』ほか。
書評・記事
月刊「みすず」 2011年1・2月号 読書アンケート特集 上村忠男
毎日新聞 2010年12月12日 読書面 「2010年この3冊」の1冊 川本三郎
東京人 2010年12月号 川本三郎「東京つれづれ日記(6)」
読売新聞 2010年10月24日 読書面 野家啓一「早生作家の生涯描く」
京都新聞 2010年10月4日 文化面著者インタビュー「病と死の不安、独特の感性に」
毎日新聞 2010年10月3日 読書面
川本三郎「「歩く人」「視る人」として生きた三十一年」