ポストコロナと現代アート 16組のアーティストが提起するビジョン

  • ポストコロナ・アーツ基金 編
  • アートディレクション:佐藤直樹(Asyl)

    デザイン:菊地昌隆(Asyl/Ball Design)
  • 定価:本体2500円+税
  • A5判並製/184ページ
  • 2022年7月20日 第一刷発行
  • 978-4-86528-092-0 C0073

Chim↑Pomら、気鋭の現代アーティスト16組がポストコロナの未来を問う。

コロナ禍の2021年11月に開催された展覧会「『新しい成長』の提起 ポストコロナ社会を創造するアーツプロジェクト」のコンセプトブック。

作品図版のほか、椹木野衣、藪前知子、鷲田めるろ、毛利嘉孝の論考を掲載。


【参加アーティスト】

青柳菜摘/池田剛介/遠藤麻衣/大和田俊/小泉明郎/SIDE CORE

サエボーグ/竹内公太/Chim↑Pom from Smappa!Group/中村裕太

西村雄輔/長谷川愛/布施琳太郎/毛利悠子/百瀬文/柳瀬安里

クリスチャン・マークレー トランスレーティング [翻訳する]

  • 監修:東京都現代美術館
    執筆:大友良英、中川克志、ライアン・ホームバーグ、藪前知子
  • 装幀:米山菜津子
  • 定価:本体3600円+税
  • B5変型判並製/400ページ
  • 2022年3月31日 第一刷発行
  • 978-4-86528-056-2 C0071

東京都現代美術館「クリスチャン・マークレー トランスレーティング [翻訳する]」展公式図録 ファン必見、予約必須!

現代美術と音楽を繋ぐ、革新的な活動をつづけてきたアーティスト、クリスチャン・マークレー。日本初の大規模個展開催にあわせて編集された、資料的価値の高い一冊。

ナラティブの修復

  • 執筆者:阿部明子、磯崎未菜、菊池聡太朗、工藤夏海、小森はるか、是恒さくら、佐々瞬、佐藤徳政、瀬尾夏美、伊達伸明、ダダカン連(細谷修平、三上満良、関本欣哉、中西レモン)、門林岳史、清水建人(せんだいメディアテーク)
  • 装幀:有佐祐樹
  • 定価:本体2,000円+税
  • A5変型並製/208ページ
  • 2022年3月20日 第一刷発行
  • 978-4-86528-075-3 C0071

【せんだいメディアテーク20周年記念「ナラティブの修復」展公式図録】
東日本震災以降、「語り得ぬもの」に向かってせんだいメディアテークが投げてきたこととは何か?

開館から20年を経たせんだいメディアテークが示す多様なナラティブ。それは、メディアをめぐる古くて新しい美学であり、地域社会の過去と現在を読み解くすべである。本展覧会図録では仙台や宮城にゆかりのある10作家作品群を収録。ナラティブに向き合う作家たちの思考をたどる対談や鼎談を豊富に掲載した。(一部バイリンガル)



アート&デザイン表現史 1800s-2000s

  • 著者:松田行正
  • 装幀:松田行正
  • 定価:本体4,500円+税
  • A5判並製/440ページ
  • 2022年2月25日 第一刷発行
  • 978-4-86528-058-6 C0070

革命的表現手法100!

「モダン」が誕生した19世紀から現在まで約200年のアートとデザインの動向を、表現法を軸に読み解く決定版。図版600点以上掲載、オールカラー440ページ!


カメラの前で演じること 映画「ハッピーアワー」テキスト集成

  • 著者:濱口竜介・野原位・高橋知由
  • 装幀:奥野正次郎(pororoca)
  • 定価:本体2500円+税
  • 四六判/並製/308ページ
  • 2015年12月25日 第一刷発行
  • 978-4-86528-134-7 C0074

日本映画史上初!「ドライブ・マイ・カー」が第94回アカデミー賞作品賞ほか4部門ノミネート!


第74回カンヌ国際映画祭脚本賞受賞、国際映画批評家連盟賞、AFCAE賞、エキュメニカル審査員賞の各賞受賞!
世界が注目する濱口竜介監督の書き下ろし演出論。映画とともに生きるとはいかなることなのか、カメラの性質と演技の本質を根源から問い直し、ワークショップや本読みを経て、これこそが演じることだと思わせる瞬間を引き出す。その驚くべき映画の方法が「ハッピーアワー」の成立過程を通じて解きあかされる! 4万字超の圧倒的な書き下ろし演出論に加え、「ハッピーアワー」シナリオ+サブテキストを完全収録!【5刷】

こどもと大人のためのミュージアム思考

  • 編著:稲庭彩和子
    著:伊藤達矢、河野佑美、鈴木智香子、渡邊祐子
  • 装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体1800円+税
  • 四六判並製/296ページ
  • 2022年3月31日 第一刷発行
  • 978-4-86528-079-1 C0070

私たちはまだ美術館・博物館の楽しみ方を知らない!?

モノをよく見て思考を深める、ミュージアムならではの体験を紐解く1冊。


こどもと大人が共に文化やアートに出会い、楽しむことを応援する「Museum Start あいうえの」は、上野公園近隣に位置する9つの文化施設が合同で行うラーニングプロジェクト。本書ではプロジェクトでの活動を写真付きで紹介。さらにプロジェクト当事者の視点から、ミュージアムでモノを見て思考する体験を「ミュージアム思考」と捉え、視覚的、身体的、共在的、超越的、持続的の5つの側面からその体験を紐解いていきます。博物館・美術館の新しい時代の楽しみ方が学べる一冊です。

音楽交流のはじまり 19世紀末ウィーンと明治日本

  • 著:オットー・ビーバ、イングリット・フックス
    編著:武石みどり
  • 装幀:佐野裕哉
  • 定価:本体2600円+税
  • A5変型判並製/224ページ
  • 2022年3月31日 第一刷発行
  • 978-4-86528-077-7 C0073

ウィーンと日本、ふたつの文化が出会った高貴で煌びやかな時代

ウィーン楽友協会資料提供の絵画、自筆譜、書簡などを収録。専門家による論考を日独バイリンガルで掲載。
・明治天皇に贈られたはじめてのグランド・ピアノ
・岡倉天心のウィーン視察
・ブラームスが聴いたとされる「六段の調」
・国産オルガンの生産のはじまり
・宮内省楽部のオーケストラ

・ウィーンへの日本初の留学生、幸田延

約150年前にオーストリアの使節団が日本に訪れたことをきっかけに、修好通商航海条約が結ばれた。それを機に、文明開化時期の日本に西洋の音楽はどのように流入したのか、
またオーストリアの人々は日本の音楽をどのように受けとめたのか。
1869年から1900年初頭までの、初期の音楽交流の歴史を、有識者の論考と図版資料によって明らかにする。

石川九楊作品集 俳句の臨界 河東碧梧桐一〇九句選

  • 著者:石川九楊
  • 装幀:松田行正+杉本聖士
    カバー題字:石川九楊
  • 定価:本体3500円+税
  • A5判/並製/240ページ
  • 2022年2月28日 初刷第一刷発行
  • 978-4-86528-069-2 C0071


選び抜き、考え抜かれた十七文字あまりの言葉と音。
筆と墨と紙で、「らしさ」からどこまでも逃れてゆく書──。

季語からも音数律からも自由な近代的短詩を夢想し、
芭蕉の手から俳句を取り戻そうとした冒険者、河東碧梧桐。
その忘れられた挑戦の生涯をたどる一〇九句を書家、石川九楊が選び、語り、書く。
現代書に革命を起こした書家でもあった碧梧桐と対峙する、
待望の石川九楊最新作品集

「海行きたいね」と彼女は言った

  • 原作:燃え殻

    監修:C&Iエンタテインメント

    出演:伊藤沙莉

    写真:木村和平

    脚本:高田亮
  • 装丁:熊谷菜生
  • 定価:本体1,800円+税
  • B6判変型並製/144ページ
  • 2021年11月5日 第一刷発行
  • 978-4-86528-048-7 C0074

燃え殻のベストセラー恋愛小説が映像化!

監督:森義仁 出演:森山未來、伊藤沙莉 原作:燃え殻『ボクたちはみんな大人になれなかった』(新潮文庫刊)

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』スピンオフフォトストーリー


(2021年11月5日よりNetflix&劇場公開)

ーーーーー

1996年横浜────今でも、似た匂いがすると、この日のことを思い出す。

その日は目当の映画もやっていないかったし、喫茶店のケーキは冷凍だったし、せっかくの海も曇り空だったのに彼女は「なんか、今日はついてるね」と笑って、僕の手を握った。

ーーーーー

もう会うことはかなわない、自分の運命を大きく変えてくれた“最愛の人”との忘れられない一日

原作・映画では描かれなかった、あの日の記憶をたどるPhoto Movie 伊藤沙莉主演「あの日はなんでか全部がよかったーー1996年横浜」に加え、原作者・燃え殻によるエッセイ2篇を収録。

東京オリンピック2017 都営霞ヶ丘アパート

  • 編著者:青山真也
    執筆:稲葉奈々子、蔵屋美香、武田砂鉄、松本篤
  • 装丁:牧寿次郎
  • 定価:本体1500円+税
  • A6判並製/152ページ
  • 2021年12月30日 第一刷発行
  • 978-4-86528-060-9 C0074

《映画公式冊子》東京五輪を理由に終の住処を失った住人たちの記録

稲葉剛、ヴィヴィアン佐藤、ジェーン・スー、七尾旅人 推薦
武田砂鉄による書き下ろしエッセイを加えた完全保存版

1964年の東京オリンピックに伴う開発により、国立競技場近くに建設された「都営霞ヶ丘アパート」。
住民には高齢者が多く、このアパートを終の住処として生活を営んでいた。

しかし「東京オリンピック2020」を理由にアパートの取り壊しが決定。2012年7月、住民に「移転のお願い」が届く──

華やかなオリンピックの影で奪われた、ひとりひとりの生活。
詳細な資料とともに記録する、個々人の小さな歴史。