空腹のハムレット 85歳、人生劇場

  • 著者:轡田隆史

  • 表紙イラスト:轡田千重
    装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体1800円+税
  • 四六判並製/248ページ
  • 2021年12月24日 第一刷発行
  • 978-4-86528-065-4 C0095

久米宏さん推薦!
戦後浦和のノスタルジー漂う、酔いどれジャーナリストの人生の物語


85歳を迎えたジャーナリストが、腹ペコだった少年時代のかけがえのない日々を語るノスタルジックエッセイ。
シェイクスピアに立原道造、シェンキーヴィッチに丸谷才一に和泉式部。古今東西の書物に導かれ、言葉から言葉へ、過去から現在へと想いはめぐる。



戦後、1949年の浦和。
別所沼を見下ろす中学校で、サッカーに打ち込んでいたあの頃。坪内逍遙の訳語の難解さに頭を悩ませながら、クラスメートと一緒になんとか作り上げた『ハムレット』の劇。
B29に東京裁判、墨塗り教科書。デッサン用のリンゴを盗み食いするぐらい腹ペコだったけど、怖いものなどなかった。

タイツ替わりに股引きはいて、堂々とハムレット役を演じたあの体験が、その後のジャーナリスト人生へと繋がっていた。
少年時代からいつも変わらず自問自答するのは、「人間って何だ?」というハムレットの言葉だった──


「海行きたいね」と彼女は言った

  • 原作:燃え殻

    監修:C&Iエンタテインメント

    出演:伊藤沙莉

    写真:木村和平

    脚本:高田亮
  • 装丁:熊谷菜生
  • 定価:本体1,800円+税
  • B6判変型並製/144ページ
  • 2021年11月5日 第一刷発行
  • 978-4-86528-048-7 C0074

燃え殻のベストセラー恋愛小説が映像化!

監督:森義仁 出演:森山未來、伊藤沙莉 原作:燃え殻『ボクたちはみんな大人になれなかった』(新潮文庫刊)

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』スピンオフフォトストーリー


(2021年11月5日よりNetflix&劇場公開)

ーーーーー

1996年横浜────今でも、似た匂いがすると、この日のことを思い出す。

その日は目当の映画もやっていないかったし、喫茶店のケーキは冷凍だったし、せっかくの海も曇り空だったのに彼女は「なんか、今日はついてるね」と笑って、僕の手を握った。

ーーーーー

もう会うことはかなわない、自分の運命を大きく変えてくれた“最愛の人”との忘れられない一日

原作・映画では描かれなかった、あの日の記憶をたどるPhoto Movie 伊藤沙莉主演「あの日はなんでか全部がよかったーー1996年横浜」に加え、原作者・燃え殻によるエッセイ2篇を収録。

凸面鏡の自画像

  • 著者:ジョン・アシュベリー

    訳者:飯野友幸
  • 装幀:三木俊一(文京図案室)

    装画:Parmigianino, Self-Portrait in a Convex Mirror(1524年頃)
  • 定価:本体2400円+税
  • 四六判上製/112ページ
  • 2021年11月30日 第一刷発行
  • 978-4-86528-052-4 C0098

全米図書賞・全米批評家協会賞・ピュリッツァー賞受賞。ポール・オースターが偏愛する詩人による長編詩、30年ぶりの全面新訳。


ある日、プロヴィンスタウンをぶらついていて書店を通りかかった際、ショーウィンドウにパルミジャニーノの安っぽい画集があるのを見た。自画像がそのカバーだった。わたしは画集を買い、スタジオに持ち帰り、ゆっくり詩を書きはじめた──

(Self-Portrait in a Conve Mirror エアリオン・プレス版 序文より)

私のいない部屋

  • 著者:レベッカ・ソルニット
    訳者:東辻賢治郎
  • 装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体2400円+税
  • 四六判上製/304ページ
  • 2021年10月10日 第1刷発行
  • 9784865280463

“マンスプレイニング”を世に広めた新時代のフェミニズムを代表する作家、ソルニットの歩んだストーリー
「若い女となること。それは数え切れないほどさまざまに姿を変えて出現する自分の消滅に直面することであり、その消滅から逃避し、否認することであり、時にはそのすべてだ。」
父のDVから逃れるように家を離れ、
サンフランシスコの安アパートに見つけた自分の部屋。
女に向けられる好奇や暴力、理不尽の数々を生き延び、
四半世紀暮したその部屋でやがてソルニットは作家になった。
生々しい痛みと不安とためらい、手放さない希望を描くはじめての自叙伝。

こう見えて元タカラジェンヌです

  • 著者:天真みちる
  • 写真:四方花林
    装幀:芥陽子
  • 定価:本体1700円+税
  • 四六判並製/288ページ
  • 2021年3月31日 第一刷発行
  • 978-4-86528-013-5 C0095

清く正しく……おもしろく!?

100年以上の歴史を持ち「清く、正しく、美しく」をモットーに女性たちが歌い踊る宝塚歌劇団。その美しさでファンを魅了するスターの隣には、角刈りの車引き・モヒカンのチンピラ・麻薬密売人などクセの強いおじさん役で唯一無二の存在感を発揮した名コメディエンヌ「たそ」の姿があった……。

一次敗退の翌年のタカラヅカ合格、先輩スターに囲まれ興奮の入団と次々にのしかかる試練、奇跡のSMAP×SMAP出演で「タンバリン芸人」になったエピソードなど、音楽学校入学から宝塚歌劇団卒業まで15年の月日をコミカルに描く。

「宝塚に新ジャンルを築いた」と言われた伝説の元タカラジェンヌによる、誰も知らない爆笑宝塚エッセイ。

東山道エンジェル紀行

  • 文=町田康
    絵=寺門孝之
  • 装幀:秋山伸+宮原慶子/edition.nord
  • 定価:本体1,800円+税
  • 四六判並製/102ページ
  • 2021年9月15日 第1刷発行
  • 978-4-86528-016-6 C0093

小説家と画家の魂が鳴り響く! 構想期間20年、幻のパンクファンタジー!

寺門孝之の絵画から、町田康が物語を紡ぐ。
絵画と物語の融合を体現した造本も美しい、奇跡のような一冊。

言葉の人生

  • 著者:片岡義男
  • 装幀:鈴木成一デザイン室
    装画:アンドーヒロミ
  • 定価:本体2200円+税
  • 四六判並製ビニールカバー/304ページ
  • 2021年8月25日 第1刷発行
  • 978-4-86528-041-8 C0095


言葉と作家の知的で愉快な関係を思う存分に味わえる、9年ぶりの語学エッセイ。


ブルースに登場する人々は、その後どんな人生を送ったのだろう。かつて高級で輝かしく特別だった「ケーキ」という単語は、「ケーキバイキング」に安住の地を得た。「青春」を本気で直訳すると「ブルー・スプリング」になるのか。そして珈琲はいまや「珈琲」のひと言では頼めない……

新しい日本語、懐かしい英語。それらをつなぐ、カタカナ語。絶え間なく生まれ、変化し続ける言葉たちに驚いたり、楽しんだり、考えこんだり、時々ちょっぴりぼやいたり。

「サンデー毎日」連載に書き下ろしを加えた全88篇を所収、著者の新鮮な驚きと発見に満ちたエッセイ集が、ノスタルジックなビニールカバーの装幀で登場。


はつなつみずうみ分光器 after 2000 現代短歌クロニクル

  • 著者:瀬戸夏子
  • 装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体2200円+税
  • 四六判並製/258ページ
  • 2021年5月25日 初版第一刷刊行
  • 978-4-86528-032-6

穂村弘、枡野浩一、東直子らが次々に歌集を刊行し、現代短歌の21世紀は幕を開けた──。

ネットや同人誌の隆盛を背景に、多彩な才能が活躍し、熱くきらめきつづけた20年間。
評論や小説でも注目される歌人・瀬戸夏子が選んだ、時代を刻んだ55の読むべき歌集でたどる最先端短歌ガイドにして、待望の現代短歌クロニクル。
2000年以降に刊行された重要な歌集の意味・面白さ・読みどころを紹介、加えて代表歌10首を選び出しました。また「ニューウェーブ」「ポストニューウェーブ」など、今日の現代短歌史のキーワードをコラムで論じます。
穂村弘以降、必読の若手現代歌人を徹底紹介したベストセラー・アンソロジー『桜前線開架宣言 Born after 1970現代短歌日本代表』の姉妹編となるマスト・バイ・アンソロジーがついに登場!

いつも来る女の人

  • 著者:片岡義男
  • 装幀:鈴木成一デザイン室
    装画:狩野岳朗
  • 定価:本体1800円+税
  • 四六判並製/256ページ
  • 2021年5月28日 第一刷発行
  • 978-4-86528-033-3 C0093

いつもの喫茶店でコーヒーを飲んで、街を歩いて、
部屋に戻ったらノートブックを開いて。
さあ、小説を書いてみようか。

片岡義男最新短編集。



ひとが小説を書くことを決意する瞬間を描いた「イツモクルオンナノヒト」、

作家が食糧品の買い物をしながら短編の構想を練る「レモネードとあさりの貝殻」など、

書き下ろしを含む8篇を所収。

小説家・片岡義男の世界にどっぷり浸れる、

「書く」人々の物語がゆるやかに束ねられた短編集。

1920年代の東京 高村光太郎、横光利一、堀辰雄

  • 著者:岡本勝人
  • 装幀:清岡秀哉

    カバー:古賀春江『窓外の化粧』
  • 定価:本体2400円+税
  • 四六判上製/296ページ
  • 2021年6月30日 第一刷発行
  • 978-4-86528-035-7 C0095

大震災に引き裂かれた時代を文学者たちはどう生きたのか?

モダニズムからダダイズム、シュルレアリスムまでヨーロッパ文化が怒涛のようにもたらされ、渦巻いた1920年代。
高村光太郎・横光利一・堀辰雄・中原中也・小林秀雄・西脇順三郎・瀧口修造・中川一政・古賀春江・芥川龍之介・谷崎潤一郎・萩原朔太郎・宮沢賢治ら、あまたの作家たち、詩人たちがそれぞれの青春を生きていた帝都東京を、1923年9月1日、関東大震災が襲う──。
転換する時代と文学者の運命を描く力作。【6月末刊行】