くちびるにウエハース

  • 著者:なかはられいこ
  • 装画:久保田寛子

    装幀:北野亜弓(calamar)
  • 定価:本体1800円+税
  • 四六判並製/144ページ
  • 2022年6月28日 第一刷発行
  • 978-4-86528-090-6 C0092

伝説の句集『脱衣場のアリス』から21年、待望の新作。

〈私〉たちの言葉で、世界をはみだし続ける川柳作家・なかはられいこ。地に足のついた場所から光をともなって描かれる作品をベースに、アメリカ同時多発テロ事件をテーマとして高く評価された連作「2001/09/11」を含む、全219句を収録。


作品のことばに、不思議なひかりがやどり、あるいは、切なげなかげりが広がる。それら全てを吸収して、作品の世界の豊穣に繋げたのが、本書『くちびるにウエハース』だ。実に二十一年ぶりとなる第三句集である。(荻原裕幸「解説 無敵のアリス」より)

ふつうの未来

  • 著者:越智友亮
  • 装幀:佐野裕哉
  • 定価:本体1800円+税
  • 四六版上製/146ページ
  • 2022年6月23日 第一刷発行
  • 978-4-86528-088-3 C0092

ゆず湯の柚子つついて恋を今している

よく、どさっと俳句が届いたものだった。私は簡単に、いいわね、などとは言わなかった。ダメ出しを繰り返した。彼はめげなかった。――池田澄子


若手俳句アンソロジー『新撰21』『天の川銀河発電所 Born after 1968 現代俳句ガイドブック』でも軽やかな口語俳句で注目を集めた著者、待望の第一句集。みずみずしい青春時代から、大人になった「未来」への変遷を鮮やかに描きだす230句。

Ladies and

  • 著者:平岡直子
  • 装画:庄野紘子

    装幀:川名潤
  • 定価:本体1800円+税
  • 四六版変形/148ページ
  • 2022年5月25日 第一刷発行
  • 978-4-86528-086-9 C0092

異才の歌人として知られる平岡直子の傑作句集が、ここに誕生。

歌人として川柳に出会い、魅了された著者の、獰猛かつ繊細な手つきでえらばれた言葉たち。作句をはじめた2015年の作品から最新作まで、全232句を収録。


わたしにとって、男性社会にチェックインするという手続きを踏まずに使える言葉の置き場がひとつだけある。それが現代川柳である――平岡直子

ふりょの星

  • 著者:暮田真名
  • 装画:吉田戦車

    装幀:北野亜弓(calamar)
  • 定価:本体1700円+税
  • 四六判並製/144ページ
  • 2022年4月28日 第一刷発行
  • 978-4-86528-083-8 C0092

川柳のビッグバン!

川柳アンソロジー『はじめまして現代川柳』(書肆侃侃房)でも最年少柳人として紹介された、Z世代のトップランナーによるネオ川柳。
言葉を限りなく自由に操り、読んだ者を骨抜きにする、魅惑の250句。



意味深な無意味な言葉の羅列。読み終わる頃には、言葉を食べてお寿司を読みたくなるに違いない。ーDr.ハインリッヒ(芸人)




川柳を作るとき、私はさながら迷子センターのようです。

私のもとにやってきた言葉とすこしの時間だけお話して、送りだしてあげる。

誰もむかえにきていなくても。ー「あとがき」より

句集 呼応

  • 著者:相子智恵
  • 序文:小澤實

    写真:蓮井元彦

    装幀:佐野裕哉
  • 定価:本体1800円+税
  • 四六版変形上製/196ページ
  • 2021年12月20日 第一刷発行
  • 978-4-86528-050-0 C0092

群青世界セーターを頭の抜くるまで

第55回角川俳句賞受賞の著者、待望の第一句集。

卓越した観察力と技巧で、世界をすみずみまで描き出す326句。



どうしても俳句でなければ、ということでもなかったのが、おもしろい。この時、俳句を選んでいなければ、俳人相子智恵は生まれていなかったかもしれないのだ—序・小澤實

ぜんぶ残して湖へ

  • 佐藤智子
  • 装画:さとうさかな

    装幀:佐野裕哉
  • 定価:本体1800円+税
  • 四六判並製128ページ
  • 2021年11月30日 第一刷発行
  • 978-4-86528-049-4 C0092

俳句の文体を更新するみずみずしい一冊

現代俳句界の若手作家として注目される佐藤智子のデビュー俳句集。光りながら読まれるのを待っている、色とりどりの176句。



現代を生きる主体と現代語の文体が抱き合うダイナミズムを感じるにふさわしい、二〇二〇年代を象徴する一冊が出現したことを寿ぎたい―佐藤文香(栞より)

凸面鏡の自画像

  • 著者:ジョン・アシュベリー

    訳者:飯野友幸
  • 装幀:三木俊一(文京図案室)

    装画:Parmigianino, Self-Portrait in a Convex Mirror(1524年頃)
  • 定価:本体2400円+税
  • 四六判上製/112ページ
  • 2021年11月30日 第一刷発行
  • 978-4-86528-052-4 C0098

全米図書賞・全米批評家協会賞・ピュリッツァー賞受賞。ポール・オースターが偏愛する詩人による長編詩、30年ぶりの全面新訳。


ある日、プロヴィンスタウンをぶらついていて書店を通りかかった際、ショーウィンドウにパルミジャニーノの安っぽい画集があるのを見た。自画像がそのカバーだった。わたしは画集を買い、スタジオに持ち帰り、ゆっくり詩を書きはじめた──

(Self-Portrait in a Conve Mirror エアリオン・プレス版 序文より)

鬼と踊る

  • 著者:三田三郎
  • 装幀:北野亜弓(calamar)
  • 定価:本体1700円+税
  • 四六判変型並製/152ページ
  • 2021年8月31日 第一刷発行
  • 978-4-86528-042-5 C0092

ずっと神の救いを待ってるんですがちゃんとオーダー通ってますか

第一歌集『もうちょっと生きる』から3年。現代短歌界のダークホースとしてただならぬ存在感を放つ著者、待望の第二歌集。笑いと絶望のはざまで踊る226首。

水中で口笛

  • 著者:工藤玲音
  • 装幀:菊地敦己
  • 定価:本体1700円+税
  • 四六判上製/208ページ
  • 2021年4月12日 第一刷発行
  • 978-4-86528-024-1 C0092

くどうれいん、待望の第一歌集刊行!

「くどうれいん」名義で『わたしを空腹にしないほうがいい』『うたうおばけ』などのエッセイや小説作品『氷柱の声』など、作家として活躍する著者、待望の第一歌集。

天性のあかるさとポエジーをあわせ持つ歌の数々は、まるで光そのもののように読み手を照らし出す。16歳の時より書き続けてきた短歌作品から、厳選316首を収録。

心がめあて

  • 著者:鈴木晴香
  • 装画:寺本愛

    装幀:北野亜弓(calamar)
  • 定価:本体1800円+税
  • 四六判並製/168ページ
  • 2021年7月30日 第一刷発行
  • 978-4-86528-038-8 C0092

掴めないはずの感覚を捉えた瞬間の心地良さ。

それが集積して立ち上がる日常をとても愛おしく感じました。―又吉直樹



第一歌集『夜にあやまってくれ』で鮮烈なデビューを果たした著者、待望の第二歌集。

わたしとあなた。心と躰。

繋がっては離れ、私たちは、世界をひらく鍵を探しつづけている。

2016年以降に詠まれた短歌のうち、『短歌ください』掲載作を含む297首を収録。