大澤真幸THINKING「O」第6号

  • 著者:大澤真幸 ゲスト:鷲田清一
  • 装幀:清岡秀哉
  • 定価:本体1000円+税
  • A5判並製/124ページ
  • 2010年9月10日 第一刷発行
  • ISBN978-4-903500-38-6 C0036

社会学者・大澤真幸が、対談と論文で現代社会を特集形式で考える月刊誌「O[オー]」第6号。
20世紀、媒介=メディアを深く考察の対象とするようになった結果、哲学は、この世界の外部をかいま見せる迫力を失ったのではないか。しかし哲学の復権があるならば、それは社会学としてだろう——。
最も哲学を実践し続けている鷲田清一をゲストに迎え、哲学をすることの意味を問う。
論文は、その実践編ともいうべき入魂のサッカー論。人類はなぜ、かくもサッカーに熱狂するのか? 人類史の根源にまで遡ったとき、サッカーが示している思わぬ人間像が明らかになる!

大澤真幸THINKING「O」第5号

  • 著者:大澤真幸 ゲスト:茂木健一郎
  • 装幀:清岡秀哉
  • 定価:本体1000円+税
  • A5判並製/124ページ
  • 2010年8月10日 第一刷発行
  • ISBN978-4-903500-37-9 C0036

社会学者・大澤真幸が、対談と論文で現代社会を特集形式で考える月刊誌「O[オー]」第5号。
近年、異常なほどの盛り上がりを続けている脳科学ブーム。しかしこれは、20世紀後半からさまざまな発見を重ねている認知科学の隆盛を反映したものと考えるべきではない。
脳科学者・茂木健一郎とともに、 脳科学の最新の知見を再検討し、いまわれわれに突きつけられているものは何かを問う。

大澤真幸THINKING「O」第4号

  • 著者:大澤真幸 ゲスト:辻井喬
  • 装幀:清岡秀哉
  • 定価:本体1000円+税
  • A5判並製/124ページ
  • 2010年7月10日 第一刷発行
  • ISBN978-4-903500-36-2 C0036

社会学者・大澤真幸が、対談と論文で現代社会を特集形式で考える月刊誌「O[オー]」第4号。
新刊を発表するたび、社会現象ともいえる売行きを記録し、数百万人の読者を得ている作家・村上春樹。1979年にデビューし、80年代を代表する存在であった彼の新刊『1Q84』は、四半世紀前を回顧する物語ではない。それは80年代における〈虚構の時代〉から〈不可能性の時代〉への転換を描いて、現在を鋭く問う小説である——。
90枚を超える力作の書き下ろし論考「〈虚構の時代〉における/を越える村上春樹」と、80年代文学史・文化史の最も重要な人物のひとりである辻井喬=堤清二との対談で、『1Q84』を読み解く!

大澤真幸THINKING「O」第3号

  • 著者:大澤真幸 ゲスト:四宮啓、河野義行
  • 装幀:清岡秀哉
  • 定価:本体1000円+税
  • A5判並製/148ページ
  • 2010年6月10日 第一刷発行
  • ISBN978-4-903500-31-7 C0036

社会学者・大澤真幸が、対談と論文で現代社会を特集形式で考える月刊誌「O[オー]」第3号。
2009年5月の制度導入から1年を経た裁判員制度とは何なのか、そして赦しえない罪に対して、ひとはどう対するべきなのか。司法制度改革を推進した弁護士・四宮啓氏、松本サリン事件で冤罪被害までも被った河野義行氏を対談ゲストに迎え、あらためて裁判員制度とはどのような制度なのかを問い、罪を赦すとはどういうことなのか対話を交わす。
〈神の根底的な不在を受け入れるしかない時代〉を生きるわれわれが導入した裁判員制度、それは〈政治の全般的な民主化の根幹、一種の民主主義革命の一環なのである〉。そのことの意味、ひとがひとを裁くとはどういうことなのか、根源的な問いにまで思考の垂心を下ろします。

大澤真幸THINKING「O」創刊2号

  • 著者:大澤真幸 ゲスト:姜尚中、小木郁夫
  • 装幀:清岡秀哉
  • 定価:本体1000円+税
  • A5判並製/132ページ
  • 2010年5月10日 第一刷発行
  • ISBN978-4-903500-28-7 C0036

社会学者・大澤真幸が、対談と論文で現代社会を考える月刊誌「O[オー]」創刊第2号!
本号では政治学者・姜尚中氏、民主党政策秘書・小木郁夫氏と、民主党政権を論じます。政権交代を経たいまだからこそ出来る国際協力とは何か? 民主党の内側から今回の国民の選択はどのように捉えられているのか? 対話によって論点を引き出しつつ、「現実を冷笑的に批判することよりも、十分に実質のある可能性として取り憑いてしまった夢を保持し続ける」という観点から、具体的かつ思いも寄らない具体的政策を提言します。

大澤真幸THINKING「O」創刊号

  • 著者:大澤真幸 ゲスト:中村哲
  • 装幀:清岡秀哉
  • 定価:本体1000円+税
  • A5判並製/116ページ
  • 2010年4月10日 第一刷発行
  • ISBN978-4-903500-27-0 C0036

社会学者・大澤真幸が、対談と論文で現代社会を特集形式で考える月刊誌「O[オー]」創刊!
創刊号は、ペシャワール会の中村哲氏との対談収録。中村医師らによる20キロを越える灌漑用水路は15万人のアフガニスタンの人びとの命を救っている。この奇跡的な活動を、「すばらしい中村さんたちだからこそできた」とするのではなく、「中村さんたちができた以上誰もができうる、そう考えてみる」という観点から、 ありうべき社会の構想を提示する。
人が、人と人とのつながりのなかで生きるとはどういうことか。特集「連帯のあたらしいかたち」〈ランダムな線〉。