「てんとう虫」に『淳ちゃん先生』の書評が掲載されました

UCカード会員誌「てんとう虫」で『淳ちゃん先生』をご紹介いただきました(2019年2月号)。
医大講師から「作家一本」に転身、問題作や話題作を次々と世に送り出した渡辺淳一。直木賞受賞前後から最期まで並走した著者が、「編集者とは何か」と自問しながら綴った“最期の流行作家”の回想記。
ありがとうございました!

週刊ポストに『淳ちゃん先生』の書評が掲載されました

川本三郎さんに週刊ポストで『淳ちゃん先生』をご紹介いただきました(2月1日)。
「淳ちゃん先生」とは『ひとひらの雪』『失楽園』などで知られる渡辺淳一のこと。朝日新聞の編集記者として早くから原稿を依頼していた著者による回想記。人柄を深く知る著者だけに人間味にあふれる作家の評伝にもなっている。
(中略)編集者に慕われた作家だった。担当編集者たちとよく食事をし、旅行にも行った。それで「淳ちゃん先生」と呼ばれた。女性との噂の絶えない夫を陰で支えた賢夫人の存在も大きい。
ありがとうございました!

川本三郎さんの書評『淳ちゃん先生のこと』が掲載されています

発売中の「週刊ポスト」(2019年2月1日号)に、評論家・川本三郎さんによる、重金敦之著『淳ちゃん先生のこと』評が掲載されています。

朝日新聞の編集記者として早くから原稿を依頼していた著者による回想記。人柄を深く知る著者だけに人間味あふれる作家の評伝にもなっている。
(中略)
一九六八年、札幌医科大学の和田寿郎教授が日本ではじめて心臓移植手術をして話題になった時、それを題材に『小説心臓移植』を発表。これが大学病院内で一種の内部告発とみなされ、渡辺淳一は病院内にいにくくなった。そのために作家として生きようと意を決して東京へ出た。
いわば心臓移植事件が作家渡辺淳一を生んだことになる。このあたり組織対個人の永遠の対立が興味深い。このベストセラー作家も初めから順調だったわけではない。筆一本で生きる覚悟を決めて作家修業を続ける若き渡辺淳一を支えたのは筆者をはじめとする出版社の編集者たち。
医学界からは追われても出版界は才能ある若き書き手を受け入れる。今も昔も変わらぬ出版界の良さ。

ありがとうございます。

読売新聞に『雑誌に育てられた少年』の書評が掲載されました

鈴木洋仁さん(社会学者)に読売新聞朝刊で『雑誌に育てられた少年』をご紹介いただきました(1月13日)。
「エロ雑誌の編集者」でありながら、いや、だからこそ歌舞伎からロレンス・ダレルまで森羅万象、ありとあらゆるジャンルに貴賎なしと書き散らす。その姿勢をヴァラエティ・ブックが体現する。
 それは、雑誌カバーから小説まで雑多な文章をさまざまなレイアウトで並べた雑誌のような本。四百頁近い言葉は気合と品性から生まれる。
 (中略)SFという宇宙にはじまり「猥褻屋」として、地べたで「孤独な闘い」を続けるポップカルチャーのクールな情熱に何度もヤケドしたい。
 以上です、編集長!
ありがとうございました!

読売新聞に『源氏物語 A・ウェイリー版』の書評が掲載されました

読売新聞朝刊文化面で毬矢まりえ+森山恵姉妹訳『源氏物語 A・ウェイリー版』をご紹介いただきました。
ウェイリーの翻訳はかつて、西洋の文学者にいち早く作品の魅力を伝えた。同時に、翻訳上の工夫が施されており、それ単独で読んでもひと味違った面白さがある。今回、俳人で評論家の毬矢まりえさんと詩人の森山恵さんが翻訳を担当。12月末には第3巻を刊行した。紫式部の世界が異国風の味わいを伴い、迫ってくる。
ありがとうございました!

日本経済新聞に『そんなことよりキスだった』の書評が掲載されました

北上次郎さんに日経新聞夕刊欄「目利きが選ぶ3冊」にて『そんなことよりキスだった』を紹介していただきました(2019年1月17日)。
女流俳人が描く恋愛掌編集である。短い話がいくつも続く。これがはたして小説なのか、と思ったりもするが、不思議な味わいがあって引き込まれて行く。
ありがとうございました!

『週刊朝日』に『BL古典セレクション② 古事記』の書評が掲載されました

斎藤美奈子さんに『BL古典セレクション② 古事記』を紹介していただきました(2019年1月18日)。
訳者によれば<神様の精力はすごいので男でも妊娠するし、男なのにヒメと呼ばれているのは可愛いからだ>。しかも<兄弟が喧嘩するのはだいたい痴情のもつれ>なのだそう。とはいえ意外に違和感なく読めるのは、『古事記』がもともとケッタイな物語だから? <私くらいの神になると>が口癖のアマテラス、私の頭の中ではいまや完全に男性です。
ありがとうございました!

『図書新聞』に『説教したがる男たち』が紹介されました

海妻径子(岩手大学准教授)さんに「米国第三波フェミニストに学ぶ、ミクロな性差別への怒り方」と題し、『説教したがる男たち』を紹介していただきました(2018年1月12日号)。
ソルニットは本書の中で、実にストレートに怒る。「自分たちが抑圧されているさまについて女性が語るとき、決まって男性側から返ってくる「男がみんなそうってわけじゃない」という言葉…問題は、男性たちがよく言う「俺個人のせいじゃない」と言う言葉や、傍観者の男性が居心地悪く感じなくてもいいように、実際にそこにある遺体や被害者たちから、そして犯人自身から話題を逸らすそのやり方にあるのだ。ある女性が激高してこう言った。「何がほしいの?女を殴ったり、レイプしたり、脅したりしてないから、ご褒美にクッキーでもくれってこと?」
(中略)そう、私たちはもっと女性差別に怒っていいし、怒りの感情をエッセイで噴出させることと、理知的で冷静な調査ジャーナリストであることは矛盾しない。それを本書は、確かに教えてくれるのだ。
ありがとうございました!

重金敦之『淳ちゃん先生のこと』陣野俊史さんの★★★★

日経新聞2019年1月10日夕刊の「目利きが選ぶ3冊」で批評家の陣野俊史さんに、重金敦之著『淳ちゃん先生のこと』を取り上げていただきました。「読むべし」の★★★★。
「週刊朝日」で渡辺淳一の小説を担当し、出版した著者による回想録。直木賞を受賞しあっという間に人気作家になっていった渡辺の周りに集まる「やぶの会」の面々。
さまざまな議論を呼んだ日本初の心臓移植手術を、舞台となった札幌医科大学の勤務医として目にし、「小説 心臓移植」を発表して、日本を代表するベストセラー作家になっていった渡辺淳一。その作家人生の軌跡を編集者として並走した重金敦之さんが描いています。

「紀伊國屋じんぶん大賞2019 読者と選ぶ人文書ベスト30」にランクイン

読者と、出版社ならびに紀伊國屋書店社員がえらぶ今年の人文書ランキング「人文大賞」。レベッカ・ソルニット『説教したがる男たち』が28位にランクインしています。ありがとうございます。
東京医科大学の入学試験不正をはじめ、今年は次々と社会のなかのジェンダー差別、露骨な男性中心主義があらわになった一年でした。それらのニュースさえ、心の底から驚くことではない、とどこか冷めた受け取り方をするほど、問題は深く私たちの社会に亀裂を入れているように感じます。本書がこうしたことに気が付いたり、考えたりするきっかけになればうれしいです。
ちなみに、「じんぶん大賞」ベスト3は、『誰のために法は生まれた』木庭顕(朝日出版社)、『歴史修正主義とサブカルチャー』倉橋耕平(青弓社)、『人間の解剖はサルの解剖のための鍵である』吉川浩満(河出書房新社)。年末年始の次の一冊を選ぶ読書リストとしても魅力的です。