1/22 (金) 『カメラの前で演じること』刊行記念:濱口竜介×砂連尾理トークイベント開催

好評発売中の濱口竜介ほか『カメラの前で演じること』の刊行を記念して、丸善京都本店にてトークイベントを開催します。
ゲストに、映画「ハッピーアワー」の制作に先立つワークショップで身体表現講座を行い、前作「不気味なものの肌に触れる」では魅力的なダンスシーンを振り付けている濱口竜介監督作品のキーパーソン、振付家でダンサーの砂連尾理さんをお招きします。

「からだのこえを聞くこと、そして演じること」対談濱口竜介×砂連尾理
『カメラの前で演じること』刊行記念

ロカルノ国際映画祭ほかで高く評価されている日本映画の新たな傑作「ハッピーアワー」。
5時間17分の驚異の映画体験は、ワークショップを通じて編み上げた独自の演出論、身体論に支えられています。
からだとカメラはどんな関係なのか、「ハッピーアワー」に先立つ即興演技ワークショップにも関わった振付家・ダンサーの砂連尾理さんをゲストに迎え、監督の濱口竜介さんと語り合います。

ゲスト:砂連尾理(じゃれお・おさむ)
振付家・ダンサー。学生時代よりダンスを始め、寺田みさこと活動。「あしたはきっと晴れるでしょ」で「TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD 2002」のグランプリ「次代を担う振付家賞」「オーディエンス賞」をW受賞。近年はソロ活動を展開し、舞台作品だけでなく障がいを持つ人や老人との作品制作やワークショップを手がける他、音楽家、臨床哲学者、インタラクティブメディア・アーティスト、情報・ロボット工学者と様々なプロジェクトを行う等、ジャンルの越境、文脈を横断する活動を行っている。濱口竜介監督「不気味なものの肌に触れる」へ振付・出演として参加、「ハッピーアワー」に先立つ即興演技ワークショップで身体表現講座の講師を務めた。

会 場:丸善 京都本店地下2階MARUZEN CAFÉ(京都市中京区河原町通三条下ル山崎町251京都BAL)
日 時:2016年1月22日(金)19時30分〜
整理券:税込1,000円(飲み物代込み)
定 員:40名
お申込み:丸善京都本店(TEL:075-253-1599)レジカウンターにて整理券を販売のほか、お電話でも承ります
http://www.junkudo.co.jp/mj/store/store_detail.php?store_id=215

当日は『カメラの前で演じること』へのサインも承ります(丸善京都本店でお買上のものが対象です)。
みなさまのご参加、お待ちしております。

*丸善京都本店HPでの告知は、1月9日より掲載されます