11/22 (水) 石川直樹 × 石戸諭 × 東辻賢治郎「歩くことで見えてくるもの」レベッカ・ソルニット『ウォークス 歩くことの精神史』刊行記念@青山ブックセンター本店

ふと名案が浮かんだり、動揺していた気持ちが落ち着いたり。歩くことが私たちの気持ちのあり方に深く関わっているのは、誰しもが納得できることでしょう。この夏翻訳刊行されたレベッカ・ソルニット『ウォークス 歩くことの精神史』は人類学、宗教、文学、芸術、レジャー、都市論など、広大なジャンルをフィールドに、〈歩くこと〉と思考と文化の結びつきを描き出します。
このたびお招きするのは、エベレストをはじめとする世界中の高峰から、国東半島や新潟、知床半島などの日本の土地まで、あらゆる場所を旅しながら作品を発表し続ける写真家・石川直樹さん。そして東北からチェルノブイリへーー土地土地を歩き「2011年3月11日」からを生きる人びとの物語を描いたノンフィクション『リスクと生きる、死者と生きる』を刊行したジャーナリストの石戸諭さん。歩くことでどんな風景が広がってゆくのか。さまざまな土地を旅し、歩いてきたお二人とともに、〈歩くこと〉が作品や取材にどのように結びついているか、大部な本書をどのように読んだのか、翻訳者の東辻賢治郎さんを交えて自由に語り合っていただきます。
日 時:2017年11月22日 (水)19:00〜20:30
会 場:青山ブックセンター本店内・大教室
出 演:石川直樹、石戸諭、東辻賢治郎
料 金:1,350円(税込)
定 員:110名
詳細・ご予約:青山ブックセンターイベント情報ページ
(近日中に情報アップ、受付スタート予定です。2017/10/21/18:30)

プロフィール
石川直樹 いしかわ・なおき
1977年東京生まれ。写真家。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。人類学、民俗学などの領域に関心を持ち、辺境から都市まであらゆる場所を旅しながら、作品を発表し続けている。『NEW DIMENSION』(赤々舎)、『POLAR』(リトルモア)により、日本写真協会新人賞、講談社出版文化賞。『CORONA』(青土社)により土門拳賞を受賞。著書に、開高健ノンフィクション賞を受賞した『最後の冒険家』(集英社)ほか多数。最近では、ヒマラヤの8000m峰に焦点をあてた写真集シリーズ『Lhotse』『Qomolangma』『Manaslu』『Makalu』『K2』(SLANT)を5冊連続刊行。最新刊に写真集『知床半島』(北海道新聞社)『DENALI』(SLANT)、著書『ぼくの道具』(平凡社)がある。現在、千葉・市原湖畔美術館にて個展『この星の光の地図を写す』開催中。

石戸諭 いしど・さとる
1984年生まれ、東京都出身。2006年立命館大学法学部卒業、同年に毎日新聞入社。岡山支局、大阪社会部、デジタル報道センターを経て、2016 年1月にBuzzFeed Japan に入社。2017年に著書『リスクと生きる』(亜紀書房)を刊行。






東辻賢治郎 とうつじ・けんじろう
1978年生まれ。翻訳家、建築・都市史研究。関心領域は西欧初期近代の技術史と建築史、および地図。