TV Bros.に『〆切本』が紹介されました

TV Bros.(2016年9月24日号)のBro COLUMNにて、『〆切本』をご紹介いただきました。

かつてこれほどまでに惹かれるタイトルの書籍があっただろうかいやない(即答)。帯に並んだ作家陣の名は夏目漱石谷崎潤一郎江戸川乱歩川端康成稲垣足穂太宰治田山花袋島崎藤村泉鏡花志賀直哉梶井基次郎……と、まさに文壇ドリームチームといった顔ぶれ。
(中略)
やがて時は経ち。憧れの「〆切」に追われる身となった今では、幼少期の自分のほっぺたをちねり倒してやりたい気分ではあるが、何はともあれ、作品を要求される、急かされるというのは嬉しい事である。
というのも、何がしかの創作で身を立てる者は大方、〆切に追われるようになる前に「〆切がないのにモノを作る」時代を経ているからこそ、今〆切のあることをありがたく思うのだ。

ご紹介してくださったのは、志磨遼平さん。ありがとございます!