日本経済新聞に『幸福書房の四十年』が紹介されました

「活字の海で」にて『幸福書房の四十年』を紹介していただきました(2018年4月18日)。
書き手、編集者、校閲、装丁など実に多くのプロが本作りに関わるが、最近目立つのは書店についての本だ。2月、惜しまれつつ閉店した「幸福書房」(東京・渋谷)店長の岩楯氏は同月刊行の『幸福書房の四十年 ピカピカの本屋でなくちゃ!』(左右社)で、読者との幸福な関係を築いた思い出とともに、厳しい経営の実態を赤裸々に明かしている。
ありがとうございました!