産経新聞で『源氏物語① A・ウェイリー版』をご紹介いただきました

2018年5月16日付の産経新聞文化面で、『源氏物語① A・ウェイリー版』をご紹介いただきました。
今から約100年前、英国の東洋学者、アーサー・ウェイリー(1889〜1966)が英訳した紫式部の「源氏物語」(1008年成立)は、長編小説の傑作として世界に知られる。芸術性の高さで名高いウェイリー訳を、再び日本語に訳し戻したユニークな『源氏物語』が刊行中だ。異文化をくぐりぬけた再翻訳本が、源氏物語の新しい楽しみを提示している。
6月刊行予定の2巻にも触れていただいています。素敵な記事をありがとうございました!