「読売新聞」に『21世紀の女性と仕事』が紹介されました

「読売新聞」朝刊に『21世紀の女性と仕事』を紹介していただきました(2018年6月4日)。
女性活躍推進に国を挙げて取り組んでいるが、男性との賃金格差は残り、家庭との両立に悩んで離職する人もまだ多い。女性の働き方と日本の労働市場に詳しい日本女子大学教授が、調査や現象から背景や課題を指摘。経営側の意識変革と同時に、女性が「意識の壁に挑む」大切さを説く。
ありがとうございました!