「朝日新聞」天声人語に『障がい者の就活ガイド』が取り上げられました

「天声人語」で『障がい者の就活ガイド』と著者・紺野大輝を紹介していただきました(2018年8月22日)。
異色の就活本である。昨年刊行された『障がい者の就活ガイド』には、なるほどと思わせるアドバイスが並ぶ。例えば履歴書には意外性のあることを書くのがいいと勧める。「趣味 マラソン」とあれば、障害のある人がマラソンを走るというギャップが生まれ、話のきっかけになるという。障害について自分の言葉で話せるようにしておこう。職歴には小さな役職でも書こう……。著者の紺野大輝さんは脳性まひによる障害がある。就活での苦労や会社員の経験を踏まえて書いた。「働くことであなたの人生は劇的に変わる」と訴える。
ありがとうございました!