『週刊読書人』に『HATE!』の書評が掲載されました

辻田真佐憲さん(近現代史研究者)に『HATE!』を紹介していただきました(2018年9月21日)。
アメリカの黒人差別やアジア人差別のポスター。またドイツの反ユダヤ主義のアジビラ。じつに多種多様なヘイト表現が網羅されているものの、それらはどこかに通っているのである。
(中略)「醜悪な敵」は、必ず「偉大な英雄」と対置される。「デザインの歴史探偵」を自認する著者がヒトラー時代のデザインを取り上げた前著『RED』も、本書とともにいまこそ参照されなければならない。

ありがとうございました!