『週刊朝日』に『BL古典セレクション② 古事記』の書評が掲載されました

斎藤美奈子さんに『BL古典セレクション② 古事記』を紹介していただきました(2019年1月18日)。
訳者によれば<神様の精力はすごいので男でも妊娠するし、男なのにヒメと呼ばれているのは可愛いからだ>。しかも<兄弟が喧嘩するのはだいたい痴情のもつれ>なのだそう。とはいえ意外に違和感なく読めるのは、『古事記』がもともとケッタイな物語だから? <私くらいの神になると>が口癖のアマテラス、私の頭の中ではいまや完全に男性です。
ありがとうございました!