読売新聞に『雑誌に育てられた少年』の書評が掲載されました

鈴木洋仁さん(社会学者)に読売新聞朝刊で『雑誌に育てられた少年』をご紹介いただきました(1月13日)。
「エロ雑誌の編集者」でありながら、いや、だからこそ歌舞伎からロレンス・ダレルまで森羅万象、ありとあらゆるジャンルに貴賎なしと書き散らす。その姿勢をヴァラエティ・ブックが体現する。
 それは、雑誌カバーから小説まで雑多な文章をさまざまなレイアウトで並べた雑誌のような本。四百頁近い言葉は気合と品性から生まれる。
 (中略)SFという宇宙にはじまり「猥褻屋」として、地べたで「孤独な闘い」を続けるポップカルチャーのクールな情熱に何度もヤケドしたい。
 以上です、編集長!
ありがとうございました!